へそくりガイド

2019年の節約、副業、投資、お金の知識が学べる情報サイト



CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

年収1,500万越えたら行うべき資産運用は米国不動産投資!3大メリットを解説!

   

オープンハウス

米国不動産投資セミナー

● 無料で最新事情を徹底解説

● 富裕層の戦略投資に最適

● 現地のリアルな情報も!

>> 公式サイトはこちら

年収が1500万以上などの高い方や投資家の方にとって、いかに効率よく投資を行うかは重要なポイントです。
しかし、その方法についてお困りのことはないですか?

「日本の資産だけでは資産運用に不安がある」
「不動産の空室率の高さに悩まされている」
「より成長性の高い資産に投資したい」

そんな思いをお持ちの年収1500万以上の方にお勧めなのが「米国不動産への投資」です。
どのようなメリットがあるのか、さっそく解説していきます。

高年収者の資産運用は成長性を第一に考える!

資産運用を成功させるコツは不動産であれ金融資産であれ、成長性です。

今後も成長する可能性の高い分野に戦略的に資産を振り分けることで、自分の資産の最大化が図れます。

では、成長性の高い資産とは何でしょうか?

総人口・労働人口ともに減り続ける日本の資産に投資するより、世界の資産に目を向けたほうが成長性が高いことは明らかです。
その中で、戦略的に投資をするなら特にアメリカの不動産をお勧めする理由を3点ご紹介します。

年収1500万がアメリカの不動産投資に乗り出すべき3つのメリット

1.不動産需要が上がる可能性が高い


画像引用:OPEN HOUSE 

アメリカは先進国の中でも人口増加と経済成長を両立している数少ない国です。

図のように、人口構成も20・30代割合が一番多く、経済成長も年4~5%ずつ上がっています。

人口増加と経済成長は、住宅の買い替えなどで不動産需要が上がる代表的な要素です。

2.インカムゲインとキャピタルゲインを得られる環境

アメリカの不動産は空室率が低く、賃料は上昇傾向なので安定的なインカムゲインが得られます。
過去35年間でアメリカの不動産価格上昇率は約3.1倍になっており、売却時のキャピタルゲインも得られる可能性が高いです。

さらにアメリカでは中古物件が約8割なので、住宅の価値が落ちにくいこともメリットです。

このように、アメリカの不動産であれば利益を出せる可能性が非常に高まります。

インカムゲインとキャピタルゲイン
インカムゲインとは資産保有中に得られる利益で、不動産投資で言えば賃料がこれにあたります。
反対に、キャピタルゲインは保有資産を売却した時に得られる利益のことです。

3.海外へ資産を分散し、リスクマネジメントに!

資産の分散は、富裕層・高所得者・資産家の多くが行う基本的な投資セオリーです。

その中でも世界の基軸通貨であるドル資産を持つということは他国資産を持つよりもリスクマネジメントとして有効です。

専門家の力を借りて戦略的な不動産投資を!

米国不動産投資は、投資のリスク分散をしながら、利益を上げる可能性を高められます。

年収1500万円以上の方・富裕層の方には、さらにご自身の資産を増やすため積極的に成長性の高い資産への投資をお勧めします。

一方で、海外への投資は法律も異なり手続きも煩雑になりがちです。
プロの力を借りながら堅実で戦略的な不動産投資を行うようにしましょう。

無料セミナーを開催!年収1500万超えたらアメリカ不動産投資!

戦略的な資産形成を「アメリカの不動産投資」で実現するノウハウを徹底解説!

米国不動産の基礎知識から、今後の市場予測まで解説
メリットとリスクを踏まえた堅実な投資モデルを提案
「お宝地域」など、現地のリアルな情報も得られる!

→無料セミナーに参加する

REITではじめての不動産投資!初心者におすすめな楽天証券で稼げるリートを始めよう

2020.01.09

今だけの特別限定キャンペーン!「トウシェル」の無料相談ならアンケート回答だけで5,000円分の商品券が必ずもらえる!

2020.01.15

不動産投資の利回りと正しい計算方法について

2019.03.20

 - 不動産投資