へそくりガイド

2018年最新の節約や副業,投資などお金の知識が学べる情報サイト

JTBのふるさと納税サイト「ふるぽ」

Ledger Nano Sでハードウェアウォレット管理!仮想通貨は安全便利な「レジャーナノS」で保管しよう!

      2018/10/15

仮想通貨の管理で話題に上がる保管方法ですが、「ハードウェアウォレット」で管理はしていますか?

ホット、コールド、ペーパー、オンラインウォレット、デスクトップ・スマホウォレットなど仮想通貨のウォレットは多岐に渡りますが、安全かつ便利なことから仮想通貨界隈ではスタンダードとなりつつある「ハードウェアウォレット」。

今回はそんなハードウェアウォレットの中の定番モデル「Ledger Nano S」(レジャーナノS)のスペックや購入できるサイトについてご紹介します。

2018年05月11日追記 : SNSでビットフライヤーの噂が広がる!仮想通貨の管理には「ハードウェアウォレット」がおすすめ!

2018年5月にTwitterにてビットフライヤーのネガティブな憶測が飛び交う事態となりました。

これに対しビットフライヤー社の加納社長がコメントを出し、事態は収束しつつあるかと思われます。

ただ、今回の一連の流れでユーザーには大きな不安が伝わりました。
※ ちなみに今回の件で「具体的に何があったのか?」については、現在まだ判明していません。

coincheckの1件もありましたが、中央集権的な取引所は「仮想通貨、もしくは日本円等の資金」を預けておけばすぐに取引ができるという便利さがある反面、取引所自体に何かが起こった場合全ての資産を失う可能性もあります。

ですので、仮想通貨を保管する為にはぜひ「ハードウェアウォレット」の導入をおすすめします!

本記事では仮想通貨のハードウェアウォレットの中でも見やすく使いやすいユーザーライクな設計で人気の高い「Ledger Nano S」について解説、ご紹介します。

「Ledger Nano S」は仮想通貨の為のハードウェアウォレット

仮想通貨を運用・投資する上で資産 = 仮想通貨を管理、保管することはとても重要です。

つい最近もMt.GOX(マウントゴックス)に続き、日本の超大手仮想通貨取引所が不正出金の被害を受けたこともあり、「資産を取引所に預けたままの危険性」の声が上がっています。

ですので仮想通貨の投資を行うならぜひとも「ハードウェアウォレット」での管理、そして安心・安全な「Ledger Nano S」(レジャーナノS)の導入をおすすめします。

Ledger Nano S 公式サイトはこちら 

「Ledger Nano S」(レジャーナノS)の特徴

Ledger Nano Sの対応通貨一覧

Ledger Nano S は現在下記の15通貨に対応しています。

  • BITCOIN
  • BITCOIN CASH
  • ETHEREUM
  • ETHEREUM CLASSIC
  • LITECOIN
  • RIPPLE
  • DOGECOIN
  • DASH
  • ZCASH
  • STRATIS
  • FIDO U2F
  • HELLO
  • KOMODO
  • POSW
  • ARK

Ledger Nano S は数種類の通貨に対応しているのでこれ1台で完結してくれるのが大変嬉しいポイントです。

またBitcoinやBitcoin Cash、Ethereumなどといったメジャーな通貨から、日本国内でもとても人気の高い「Ripple」(リップル、XRP)へも対応済み。

さらにはDASHといった決済に特化した通貨から、DOGECOINといったアルトコイン建てや取り扱い取引所が豊富な通貨へも対応しています。

Ledger Nano S 公式サイトはこちら 

Ledger Nano Sの価格

Ledger社のハードウェアウォレットのラインナップは下記の3つです。

  • Ledger Nano S
    ¥15,800 (税込)
  • Ledger Nano S + Less is More レスイズモア USB Type-C 変換アダプタ
    ¥16,800 (税込)
  • Ledger Blue
    ¥49,800 (税込)

Ledger Nano Sは15,800円と大変安くなっています。

「管理・保管の大変さ、面倒さ」がネックの仮想通貨投資で、約一万五千円で仮想通貨専用の「財布」を買えるなんてとてもリーズナブルですね。

またハードウェアウォレットでの管理が初めてという方には断然15,800円のスタンダードなLedger Nano Sをおすすめします。

Ledger Nano S 公式サイトはこちら 

使い方の汎用性が高い

Ledger Nano Sシリーズは独自のGoogle Chromeアプリケーションの他に、既存のウォレットアプリケーションも使用可能です。

対応している既存のウォレットアプリは「Copay」、「Electrum」、「Mycelium」、「MyEtherWallet」、「GreenBits」などがあるので、既にウォレット運用している人にも便利なハードウェアウォレットとなっています。

Ledger Nano S 公式サイトはこちら 

ハードウェアウォレット購入の注意点

正規サイト以外での購入の落とし穴

大手通販サイトやオークションサイトなどで販売、転売されているハードウェアウォレットに、不正なプログラムを忍ばせていて盗み出すといった手口が報告されています。

ですのでハードウェアウォレットを購入する場合は必ず正規代理店で購入するようにしましょう!

https://platform.twitter.com/widgets.js

Ledger Nano S 公式サイトはこちら 

「Ledger」(レジャー)シリーズのデメリット

注文殺到につき予約待ちになりつつある

取引所のクラッキング(ハッキング)被害などでハードウェアウォレットの需要が高まっていて、レジャーシリーズの生産が追いつかなくなりつつあります。

日本の正規代理店でもすでに在庫が確認できるのは「Ledger Nano S」のみで、他は予約を受けてから二ヶ月程度の発送となっているようです。

ですのでLedger Nano Sを購入する場合には、早めに注文することを強くおすすめします!

Ledger Nano S 公式サイトはこちら 

さいごに

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」はいかがでしょうか。

最近でも日本で大きなハッキング被害が起きたばかりなので、「自分の資産」に出来ることはなるべくしておいて、大切な仮想通貨を管理・運用しましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

取引&送金手数料無料のおすすめ国内取引所!

7種類14ペアのレバレッジ取引が魅力の 「DMM Bitcoin」

ビットコインをはじめイーサリアムやネム、リップルなど人気の通貨を7種類、合計14ペアで取引できる!
みんな知ってる「DMM.com」ブランドの高度なセキュリティ「資産分別管理」や「コールドストレージ」などで安心安全!
はじめての人にも安心の仮想通貨業界初「24時間365日」のサポート体制だから困ったことはすぐに聞ける!

公式サイトはこちら

期間限定!1,000円プレゼントキャンペーン実施中!

DMM Bitcoinでは、新規口座開設キャンペーンを実施しています。
今なら口座開設するだけで1,000円をプレゼントしています!

  • キャンペーン期間:2018年12月1日(土)~2018年12月31日(月)
  • キャンペーン対象:新規に本口座開設が完了したお客様
DMM Bitcoinのプレゼント条件は「新規登録」のみなので達成しやすい条件となっています!!

期間限定キャンペーンですので、この機会をお見逃しなく!

DMM Bitcoin 公式はこちら 

【新規口座開設で1,000円もらえる!】2分でわかる仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」4つの特徴!

2018.12.11

「BITPoint」(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

ビットポイントのおすすめポイント!

送金手数料・取引所手数料どちらも無料だから気軽に売買、送金ができる!
ビットコイン、イーサリアムはもちろん、人気のXRP(リップル)の取り扱いもあり!
MetaTrader4(メタトレーダー4)が使えてレバレッジ最大25倍だからレバレッジ取引にも強い!

BITPoint(ビットポイント) 公式サイトはこちら

「3,000円」分のビットコインがもらえるプレゼントキャンペーン開催中!

ビットポイントでビットコインのプレゼントキャンペーンが開催!

新規口座登録(アカウント登録)+入金するだけで「3,000円」(三千円)分のビットコインがもらえる「オータムキャンペーン」が開催中です!

キャンペーン期間が 2018年12月3日(月)0時00分 ~ 2018年12月25日(火)23時59分  までとなっているので、まだビットポイントに登録していない人は「今登録」して「ビットコイン」をゲットしておきましょう!

BITPoint(ビットポイント) 公式サイトはこちら

Facebookにいいね!して最新情報を受け取ろう!

Facebook

 - ビットコイン・仮想通貨, 副業, 金融・投資