Gincoとは仮想通貨ウォレットのスマホアプリ!XRP·BTC·ETHを安全に管理するならギンコがおすすめ!

   

仮想通貨を始めたはいいが、仮想通貨を取引所に預けたまま、眠らせてはいませんか?

取引所を経由して仮想通貨をゲットしたとしても、
仮想通貨を管理しているのはあくまでも取引所

それは銀行での預金のようなイメージで、いつでも現金化できるものの
銀行のように取引所へアクセスしてわざわざ仮想通貨を換金化するのも面倒だな・・・
という人も少なくないのでは?

そんなあなたに、手のひらで仮想通貨を管理できるアプリGincoをご紹介します。
Gincoはまさに仮想通貨のお財布(ウォレット)。
その魅力をお伝えしていきます。

ginco

Ginco ダウンロードはこちら 

仮想通貨を「所有」できるアプリ、Ginco!

Gincoは、Ginco社から2018年4月24日に本格リリースした仮想通貨管理アプリです。
後でご紹介もしますが、ビットコイン、イーサリアムなど複数の通貨に対応しGincoで一元管理が可能。
また、お店でのビットコイン決済にも利用でき、より手軽に仮想通貨を決済ツールとして使用できそうです。

5月上旬現在iOSに対応。2018年3Qをめどに、Android版のリリースも予定されています。
Gincoダウンロードはこちら

Gincoは仮想通貨を「自分で管理する」。

Gincoの一番の特徴と言えるのが「自分の保有している仮想通貨を自分で管理する」という点。

現在の国内仮想通貨取引所の多くは、取引所で仮想通貨をサーバーで一元管理しています。
数か月前に取引所での仮想通貨流出が大きく報道されたことも記憶に新しいですが、
サーバーでの一元管理の場合、もし今回のように仮想通貨が流出するとその被害は大きくなります。

一方Gincoでの管理は、ユーザー個人で一人ひとり秘密鍵を所持し、管理していくという「クライアント型ウォレット」。
日本発のシステムでこの仕組みを採用しているのはまだまだ少ないですが
サーバー一元管理のシステムより下記のような大きなメリットがあります。

〇仮想通貨を突然流出によって奪われるリスクの軽減
〇仮想通貨での決済や現金化する時などのタイムロスの解消
〇ユーザー間での入出金に取引所を経由しなくていいので、安全かつスムーズにユーザー間取引が可能

ただし、個人個人の資産をそれぞれで管理するため、ユーザーは自分がしっかり管理をすることが大切です。

ginco

Ginco ダウンロードはこちら 

Gincoのメリット

複数通貨に対応!

Gincoはリリースしてまだ間もないにも関わらず、複数通貨に対応。
すでに複数の仮想通貨を保有しているというユーザーにも嬉しい下記12の仮想通貨に対応しています。

また、6月頃までにはビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・モナコイン(MONA)の取り扱いも開始する予定です。

Gincoダウンロードはこちら

説明書のいらない簡単な操作性

Gincoを開発したGinco社がこだわったことの一つに、「操作性」があります。
取引所への口座開設やその後の取引所での資産管理の方法など、これまでわかりづらいモノが多く
また、日本語対応をしてないものもあったりと、
多くのユーザーが解説サイトなどを見ながら操作している状況がありました。

GincoではシンプルなUIで操作をサポート。
日本語でのバックアップの設定など、誤操作での資産損失がなるべく起こらないよう設計されています。

入金から送金、管理などすべてにおいてストレスなく行える環境が整っています。

また、ポートフォリオ・両替・法定通貨の入金などにも順次対応していくようで、
多くの仮想通貨の取引がアプリ一つで可能になりそうです。

Gincoダウンロードはこちら

万全のセキュリティ

先ほども触れましたが、Gincoでは安全な仮想通貨管理方法として、
ユーザの端末にしか資産へのアクセス権を置かないクライアント型方式のウォレットを実装。
さらに独自の暗号通信方式を採用し高水準のセキュリティを実現しています。
説明が重複しますが、クライアント型ウォレットとは、秘密鍵(=ユーザー一人ひとりに割り当てられる資産の認証コード)を
開発会社のサーバ内にて集中的に保存しないタイプのウォレットのこと。
つまり、Ginco社でもユーザーの秘密鍵は分からないということなのです。
Gincoではこの秘密鍵をユーザー端末内で生成し、Ginco社への送信を一切しないとHPでも記載しています。
資産のコントロール権は全てユーザー側にあるので
カウンターパーティリスクや、サーバ攻撃による資産流出の可能性を低く抑えることができるのです。

Gincoダウンロードはこちら

Gincoのデメリット

セキュリティ面・操作性とたくさんのメリットのあるGincoですが、デメリットはあるのでしょうか?
Gincoのデメリットをまとめてみました。

iOSしかリリースされていない

一つ目のデメリットとすると、現在リリースされているのがiOS版のみという点です。
こちらについては、2018年3Qを目途にAndroid版のリリースに向け開発中とのこと。
Androidユーザーにとっては待ち遠しいですが、iOS版ユーザーに操作性などを教えてもらい、
自分も使用するか、検討してみましょう。

Gincoダウンロードはこちら

自分で秘密鍵の管理をしなくてはならない

もう一つのデメリットと言えば、自分で秘密鍵の管理をしなくてはならないという点です。
しかし、秘密鍵の所有は、仮想通貨の所有の証明になっています
銀行の暗証番号を管理するのと同じように考えてみてはいかがでしょうか?
また、Gincoでは、秘密鍵をもし忘れてしまった時のため、「バックアップキー」というものもあります。
もしGincoアプリの入った端末を紛失しても、バックアップキーから秘密鍵の再生成が可能なのです。
バックアップキーは誰にも見られないよう、厳重に管理しましょう。

なおバックアップキーはスクリーンショットなどにせず、紙とペンでの保存をGincoでは推奨しています。
(端末ごとなくなったときに復元できなくなるため)

Gincoダウンロードはこちら

今後の動向にも注目!!

2018年5月9日、Ginco社はKyberNetwork・Etheremon・ZILLAの3社とのパートナーシップを締結しました!
この3社との提携で、Gincoのサービスはますます充実するのではないかと思われます。


PRTIMESより 

Gincoダウンロードはこちら

KyberNetworkで分散型取引所(DEX)インターフェイスを提供!

KyberNetworkは、DEXを開発・提供するプロジェクト。
Gincoは、KyberNetworkプロトコルを利用することでシームレスに仮想通貨同士の交換が可能となる
DEXインターフェイスを提供予定。
(国内では現行規制にしたがい、海外での先行実装を予定)。

Gincoダウンロードはこちら

Etheremonとは、DAppsでの提携を。

Etheremonは、ブロックチェーンとVR技術を組み合わせたゲームを開発・提供しているプロジェクト。

Gincoでは、8月以降に実装予定の「Ginco DApps Platform」機能上で提携予定。
Etheremonをはじめとする様々なDApps(ゲームやSNSなど)を利用できるようになります。
特にパートナーであるEtheremonには、Ginco独自のUI提供を予定しており、
相互で機能面の充実が図れるのではと期待できます。

Gincoダウンロードはこちら

ZILLAとの提携でICOにも参入

そもそも、ICOとは、Initial Coin Offeringの略で、
企業がプロジェクト遂行のため仮想通貨で行う資金調達のこと。
ZILLAは、独自のプラットフォーム上でICOに関する情報を発信し、
ユーザーが気軽に参加できる仕組みを提供している組織がZILLAです。

Gincoでは、ZILLA社の提供するZLAトークン対応済。
今後は、同社の提供するICOプロジェクト向けのマーケティング支援プログラムと連携して、
公式ウォレットとしての対応などを行います。

Gincoダウンロードはこちら

おわりに

4月にリリースされたばかりのGincoについてご紹介してきました。
これまでの取引所とは全く異なる管理方法で、安全・スピーディに仮想通貨取引ができる可能性を秘めています。

また、今回ご紹介した連携を通じても、
「仮想通貨を単に取引所に預けるだけの存在ではなく、安全に、わかりやすく使っていく仕組みを整える」
というようなGinco社の意志が感じられます。

これからは仮想通貨は単に預けているものではなく、お金の代わりとしてますます機能していく存在になるかもしれません!

iOSの方は早速試してみてはいかがでしょうか?

ginco

Ginco ダウンロードはこちら 

DMM Bitcoinの1,000円キャンペーンは今だけ!2分でわかる仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」4つの特徴!

2018.05.13

話題の仮想通貨ビットコイン!いまさら聞けない人のための5分でわかるビットコイン講座

2018.05.01

ビットコインを運用してお金を稼ぐ方法を解説!仮想通貨の仕組みと投資方法の基礎を知ろう!

2018.05.01

ビットコイン取引所の選び方を解説!大事なポイントをおさえて自分にあった取引所を選ぼう!

2018.05.01

ビットバンク.ccは国内初の板取引可能な仮想通貨取引所 !bitbank.ccの特徴や評判まとめ

2018.05.21

仮想通貨FXするならGMOコイン!長年培ったFX・証券会社の安定感とツールの使いやすさNo.1のGMOコインで取引を始めよう!

2018.05.21

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Facebookにいいね!して最新情報を受け取ろう!

Facebook

ビットコイン・仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの取引所!

7種類14ペアのレバレッジ取引が魅力の 「DMM Bitcoin」

ビットコインをはじめイーサリアムやネム、リップルなど人気の通貨を7種類、合計14ペアで取引できる!
みんな知ってる「DMM.com」ブランドの高度なセキュリティ「資産分別管理」や「コールドストレージ」などで安心安全!
はじめての人にも安心の仮想通貨業界初「24時間365日」のサポート体制だから困ったことはすぐに聞ける!

公式サイトはこちら

 - ビットコイン・仮想通貨, 金融・投資