アフィリエイトの始め方!アフィリエイトの仕組みからおすすめASPまでご紹介

      2017/09/15

アフィリエイト という言葉は、ネットビジネスや副業といった話題の中で誰もが一度は耳にしたことがあるはずです。

でもアフィリエイトのことをよく知らなければ、「広告を貼ってお金がもらえる」という漠然としたイメージだけではないでしょうか。

この記事はそんな方向けの「アフィリエイト超初心者用、アフィリエイトの始め方」解説書です。

ビギナー向けにわかりやすく解説していますので、アフィリエイトに興味を持っている方、これからアフィリエイトを初めてみたい方はぜひ参考にしてください。

それではアフィリエイトで報酬を得るための仕組みと方法、アフィリエイトを始めるために必要なものや知識などを順番に解説していきます。

アフィリエイトとは?



アフィリエイトは英語で「Affiliate」です。
この言葉の意味は、提携するという意味です。

アフィリエイトは広告主からの広告を、空いた時間にウェブサイトに貼り付け閲覧者が購入し、報酬を得るというイメージがあるでしょう。

しかし広告のみ貼り付けていれば楽に報酬が得られるという訳ではありません。
常に商品の良さを見極めて説明を行い、どうすればもっとユーザーへ訴求することができるのかを考え続けて改善を繰り返します。

この作業は、「アフィリエイトは楽して報酬を得る」というイメージを壊します。

なぜならアフィリエイトとは、毎日コツコツと商品の良い所と悪い所を探し、商品を説明する文章を書かないといけません。

まとを得ない書き方をすると、閲覧者は商品の広告と文章が一致していないため、商品の購入には結びつきません。

アフィリエイトは根気よく続ける努力が必要です。

合わせてよみたいアフィリエイトにはメリットとデメリットがあります。
メリットとデメリットを理解して上手に収益化を目指そう!
メリット·デメリットについてはこちらのページをご覧ください。
>>アフィリエイトのメリットとデメリット、人気の理由とは?<<

アフィリエイトの仕組みについて



アフィリエイトは、ASPへの登録が必要です。
ASPとは、「Affiliate Service Provider」の頭文字をとったものです。

意味は、アフィリエイト広告を提供する企業のことです。

ウェブサイト運営者⇔ASP⇔広告主というように考えてください。
このASPと提携を組みます。

広告主はASPに広告を提供し、アフィリエイターは扱いたい商材をASPで検索してブログやウェブサイトに広告を掲載します。

この広告はバナーであったり、テキストなど色々な種類があり、広告主が決めこともあればアフィリエイター側で改変して使うこともできます。

ウェブサイトで閲覧者が広告をクリックし、ASPを通じて広告主の商品を購入したり申し込みをします。

閲覧者が購入や申し込みを行ってASPから広告主に情報が伝わり、購入や申し込みをされたという確認をします。

広告主が確認し成果として承認された場合に、ASPへ報酬が支払われて、その後にASPからウェブサイト運営者(アフィリエイター)に報酬が支払われます。

アフィリエイトの仕組みは、このような一連のシステムにより成り立っています。

アフィリエイトの種類



アフィリエイトには大きく分けて3つの種類があります。

A8.netやafbなどの ASP会社 が広告を提供しているASPタイプ

Googleが提供している GoogleAdsence という クリック広告型のタイプ

そして楽天やAmazonのような大手ショッピングサイトが直接自社の広告を提供しているタイプです。

それではASPから順番に説明していきます。

ASP

ASPは広告数が多く、なにより報酬額が高いものが多いことが魅力です。

利用するにはまず会員の登録をします。

ウェブサイトの審査がありませんので簡単に始めることができます。
またスマートフォンからも利用できます。

スマホアプリから外出中でも広告を探すことができるのが便利です。

またASPごとにアフィリエイトの基礎などを教えてくれるセミナーがあります。

ASPは季節などで同じカテゴリの商品でキャンペーンを行ったりしてくれるので商品選びで苦労しないという点もあります。

GoogleAdsence

GoogleAdsenceは、クリック型広告を提供しています。
クリック型広告は、ASPとは違い広告のクリック数に応じて報酬が支払われます。

GoogleAdsenceでは、まずGoogleアカウントを作ります。

その後に自分のウェブサイトを審査へ提出します。
2017年から審査内容が厳しくなったことが話題になりました。

またその際に無料ブログは独自URLではないため利用できなくなりました。

逆に独自ドメインを購入したり、レンタルサーバーなどを契約してウェブサイトを作って申請することで審査に提出することができます。

また審査を通すためには、広告にふさわしいコンテンツを作りサイトを最適化する必要があります。

審査で合格にしたら発行されるバナー広告を配置します。

閲覧者が今まで見たウェブサイトに関連した広告を表示してくれるのでクリックされる確率はとても高いです。

ただASPを利用したアフィリエイトと違い報酬額は格段に低くなります。

Amazon

Amazonでは、好きな商品を選んで広告として表示できます。
Amazonも同じくアカウントを作ります。

アカウントを作ったら、アソシエイトIDが割り当てられます。

その後トラッキングIDを作ります。
このIDは複数作ることができます。

複数のウェブサイトで運営するのであれば、複数のIDが必要です。

Amazonの審査は少し厳しいです。
1度何でもいいですのでAmazonで購入する必要があります。

これを行うことで、Amazonに対し信頼してもらえます。
信頼してもらうと審査は早いです。

Amazonアフィリエイトは扱いやすい反面報酬が低いことがネックでもあります。

商品の2%から10%が報酬となるので、十数円から多くても数百円が利益となり、さらに1商品の報酬額が1,000円までと上限が設定されています。

楽天アフィリエイト

楽天市場の好きな商品をウェブサイトで宣伝します。
楽天市場アフィリエイトの審査は、AmazonやGoogleAdsenceのような厳しさはありません。

楽天市場の「楽天ブログ」もありますので、初期導入費用が極めて少なく運営ができます。

サイトのジャンルを決めよう



アフィリエイトの初心者であれば、何か得意とするジャンルを決めます。
ジャンルを決めたら記事を書いていきます。

記事に沿った広告をWebサイトに設置するのがいいです。
もちろん正反対で、この広告に沿った記事を書きたいと決めます。

そこから記事を書いてもいいです。

閲覧者はどう思うかを真剣に考えないといけません。
1つのジャンルに絞った記事を書き、広告の設置をした方が安全です。

例えば「車の記事」を書いたのにお中元やお歳暮の商品を掲載した場合、閲覧者は、「なんでこの商品をおすすめするのだろう?」と疑問に思います。

Webサイトのジャンルに沿っていないため、このようなことが起こります。
したがって、1つのジャンルに特化したウェブサイトを作るように心がけます。

このような経験を積めば、さまざまなジャンルを扱うWebサイト作りもできます。

汎用的なブログのジャンルを設定したWebサイトです。

汎用的なジャンルに設定すれば、さまざまな広告を表示しても違和感がないからです。

最初はジャンルを決めた特化型にしてから、すこしずつ範囲を広げていきましょう。

これらをふまえると、Webサイトのタイトルも重要です。

このタイトルも1つのジャンルに絞る方が簡単です。

また、複数のWebサイトを持つというやり方もあります。

複数のジャンルに特化した記事を書き、複数のWebサイトにリンクを貼るという方法です。

このようなやり方を駆使しながら、徐々に売り上げをあげていくのがポピュラーは方法です。

アフィリエイトを始めるために必要なもの



アフィリエイトは、ASPからでも、それ意外の広告媒体を使っても報酬が発生します。
その報酬を受ける銀行口座が必要です。

楽天アフィリエイトでは、楽天銀行のみしか受け付けていません。
他のASPも楽天銀行を使っているケースが多いです。

楽天銀行でなくても口座を開設した場合、ネットバンキングを利用できるので現在お持ちの口座に振り込めるようにします。







インターネットに接続できる環境が必要です。
インターネットのプロバイダーとの契約やパソコンが必要です。

パソコンでインターネットに接続し、ブログサイトの登録をします。

GoogleAdsenceを利用する場合には、WordPressを使うと良いです。
まずはレンタルサーバーを契約して、独自ドメインをを取得する必要があります。

レンタルサーバーもアフィリエイト向きのものや、企業向き、個人のブログ向き、またはWebデザイナーのチェック専用に向いているものなど多種多様です。

ぜひアフィリエイトサイトに向いているものを選びましょう。

合わせてよみたいアフィリエイト向きレンタルサーバーはこちらの徹底比較記事を参考にしてください。
アフィリエイトサイト向けおすすめのレンタルサーバー徹底比較

次に独自ドメインも必要になります。

独自ドメインを選択して購入することで、SEOを自分のサイトへ集めることになります。

無料ブログではブログ自体のSEOにも依存してしまうため、これは大きな武器になります。

また商品を購入したくて訪問してきたユーザーに対しても安心感を与えられるので、独自ドメイン取得は大きなメリットといえます。

合わせてよみたいドメインを取得する前にこちらのドメイン基礎知識をぜひご覧ください。
ドメインを取得する前に知ってほしいドメインの基礎知識

また、WordPressは世界的に使われているため、Webサイトを作成するときに出てきた疑問も検索すればすぐ解決できることが多いです。

プラグインなどで設定をしますが、プラグインの説明をしているWebサイトがあります。

WordPressを使ったWebサイト作り初心者のためのサイトも数多くありますので、サイトで調べながらWebサイトを作ることができます。

また、WordPressはテーマと呼ばれるデザインテンプレートを適用させることができます。

このテーマも有料、無料で使えるものが多く、有料テーマには適用させればすぐにWebサイトとして公開できるレベルのものもたくさんあります。

Webサイト作り、特にアフィリエイトサイト作りでWordPressが選ばれる一番の理由はこのポイントでもあります。

合わせてよみたいWordPressテーマ選びで迷ったらこちら!
有料だけどデザインがカッコいい日本語対応の国産WordPressテーマまとめ

そして最後に、アフィリエイトはモチベーションがとても大事です。

最初はなかなかアクセスが集まりませんが、根気よく続けていきましょう。
好きなジャンルの商品について楽しく取り組んでいくことが大切です。

おすすめASP

案件数や使いやすさがトップクラスの超大手ASP! A8.net





おすすめポイント

案件数が業界トップクラスのASP!満足度も7年連続でNo.1!
「セルフバックOK」の案件数も超豊富!「欲しい、使いたい、知りたい」が揃ってる!
主婦やサラリーマンの副業にも最適!ブロガー、アフィリエイターの強い味方!

おすすめのASPはずばり、A8.netです。
ブログサイトを持てば初期費用も少ないため、報酬を多く得ることができます。

特に無料ブログサイトを持つ場合には、複数のブログサイトを開設できます。
そのため、検索サイトでの露出が増え閲覧者は次第に増えていきます。

閲覧者が増えると商品購入の機会が増えます。

A8.netでは、無料で登録ができます。
ブログサイトも無料で登録します。

A8.netへ登録する際には審査はありませんので心配なく記事更新をしてください。
広告主は多いので広告数も多いです。

また セルフバック という自己アフィリエイトのシステムも充実しているので、アフィリエイト初心者でもはじめやすいとてもおすすめのASPです。


公式ページはこちら

さいごに

いかがだったでしょうか?

商品を売りたくて宣伝して欲しい企業と、インターネットに詳しく宣伝に長けたアフィリエイター、その2つを円滑につなぐASPの関係性。

一見すると難しそうですが、慣れてくるととても簡単な流れということがわかります。

またアフィリエイトの初期投資は限りなく低い分、必要なのは知識をどんどん吸収していく貪欲さにあります。

はじめは成果報酬が入ってくるのも遅いので、興味があるなら早めにチャレンジして、どんどんアフィリエイトに慣れていきましょう。

合わせてよみたいアフィリエイト初心者には 自己アフィリエイト!
アフィリエイト初心者は、自分自身でアフィリエイトを体験して報酬をもらえる 「自己アフィリエイト」 を積極的に活用していきましょう!
自己アフィリエイトについては詳しくはこちら!
自己アフィリエイトとは?セルフバックでお得にアフィリエイトを学ぼう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Facebookにいいね!して最新情報を受け取ろう!

Facebook

 - アフィリエイト, 副業, 在宅ワーク・ネットビジネス