へそくりガイド

2018年最新の節約や副業,投資などお金の知識が学べる情報サイト

JTBのふるさと納税サイト「ふるぽ」

アフィリエイトサイト向けおすすめのレンタルサーバー徹底比較

      2018/06/27

レンタルサーバーを選ぶ基準はWebサイトの用途によって変わります。

個人のサイトや企業のサイトでの条件から、アフィリエイトサイトを運営するための条件にも違いがあります。

今回はアフィエイエイトサイトを運営するためのサーバーの条件と、実際にアフィリエイトサイトに向いているサーバーを徹底比較しました。

これからアフィリエイトを始めようとしている方も、サーバーを乗り換えようと考えている方もぜひ参考にしてください。

今すぐ比較をチェック!

アフィリエイトサイトに適しているレンタルサーバーの5つの条件

ここではレンタルサーバーを契約するときに気にしてほしいポイントを5つにまとめてみました。

レンタルサーバーを選ぶときはぜひ参考にしてください。

独自ドメインが使えるかどうか

アフィリエイトサイトでは独自ドメインが必要です。
独自ドメインは、運営者のみが決めることができるURLを使うことができます。

このURLがあると、検索サイトからの評価が運営者のサイトのみ与えられます。
複数のサイトを運営する場合も同じで、複数のドメインがあれば、運営者の評価につながります。

サーバーを変える場合には、いくら検索サイトの上位にランキングされていてもドメインが変わるのでゼロからのスタートです。

独自ドメインを持つことで、検索サイトの上位にランクインしている状態でサーバーを変え、独自ドメインを使いまわすことができるため評価を落としません。

合わせてよみたいドメインを取得する前に必ずこちらの記事をご覧ください。
>>ドメインを取得する前に知ってほしいドメインの基礎知識<<

速度と安定性で決める

多くの訪問者がサイトを閲覧しているとサーバーが不安定にり、速度が落ちるというのは致命的です。

「PageSpeed Insights」というサイトで速度計測ができますので試してみてください。
PageSpeed Insights

サイトの表示が遅い場合には、サイトの離脱率が上がり、アフィリエイトに適していません。
訪問者は表示が遅いため、違う快適なサイトを閲覧しようとする傾向があるためです。

高速かつ安定性のあるレンタルサーバーは、サイトを快適に表示してくれるため訪問者が増えてきます。
またモバイル端末では、PCより性能が低いためサイトの表示が遅くなる傾向があります。

モバイル端末でも快適に閲覧できた方が、訪問者は気軽に閲覧できるため、サイトの離脱率が減ります。
Googleが運営しているモバイルサイトの表示速度を計測できますので試してみてください。
モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスをテストする - Google

無料のレンタルサーバーと有料のレンタルサーバーの違い

Xdomainのような無料レンタルサーバーでサイトを作り、モバイル端末で閲覧した場合googleの広告が出てしまいます。
この広告は訪問者が、Webブラウザーで閲覧したサイトのキャッシュを使って広告を出しています。

この広告料は運営者に支払われる報酬ではなく、サーバー会社に支払われる報酬です。
したがって有料のサーバーを選ぶことにより、自分のサイトに不要な広告が表示されることを避けられます。

マルチドメイン対応かどうか

マルチドメインとは、1つのサーバーで複数のドメインを管理できるという意味です。
メリットは、ドメインを増やす場合にサーバーを増やすため、コストがかかります。

このコストをおさえることができ、サーバー利用料を減らすことができます。
特化したジャンルを複数のサイトで運用することがあれば、マルチドメインを利用した方がいいです。

1つのサイトでサイトに特化していない広告を出すのは、検索サイトや訪問者を困惑させてしまい信用を失います。

仮に複数のドメインを使うことにより、検索サイトで訪問者が検索した場合、検索結果が複数表示されるため訪問者を増やすSEO効果があります。

将来を考えた時に、違う種類のアフィリエイトサイトを作りたいと思った場合、ドメインを複数作ることができます。
目先も考え、将来も考えたときにマルチドメインが有利だということがお分かりいただければと思います。

デメリットは、1つのサーバーで管理するため、サーバーに障害が出た場合に運営できなくなる場合があります。
サーバー障害というのは、極めて稀ではありますが、大手のサーバーでも起こります。

定期的にサーバーメンテンナンスを行っているため、障害を起こすのは極めて稀であるということです。
またマルチドメインを極端に入れすぎると、サーバーの仕事量が多くなり、重くなることがあります。

メリットだけではなくデメリットも考えて運営する必要があります。

無料ブログサイトのサービス終了の危険性

無料ブログサイトもビジネスですので、サービスが終了すればアフィリエイトを続けることができなくなります。
その都度サイトを作っていくのは、今まで続けてきたことが振り出しに戻ります。

検索サイトで上位にランクインしていたサイトは、最初からサイトを作るため検索サイト上位にランクインされるのに時間がかかってしまいます。

サービス終了にビクビクしながらアフィリエイトをするのは、精神的に好ましくないです。

これら5つの条件から、アフィリエイトに向いているおすすめレンタルサーバーをご紹介します。

おすすめレンタルサーバー比較一覧

おすすめのサーバー会社を紹介しつつ、そのレンタルサーバーのスペックや仕様をまとめて一覧にしました。

各社で特徴があるのでレンタルサーバー選びの参考にしてください。

エックスサーバー

月額費用 900円(税抜、X10プラン、36ヶ月契約の場合)
初期費用 3,000円(税抜、X10プラン)
無料お試し期間 有り (10日間)
ディスク容量 200GB(スタンダードプラン)
ワンクリックインストール 有り (WordPressも可能)
CPU 最新24コアCPU
メモリ 大容量256GBメモリ
転送量の目安 70GB/日
転送量課金 無し
URLアドレス 独自ドメイン
データミラーリング 有り
バックアップ 有り
マルチドメイン 無制限
サブドメイン 無制限
FTPアカウントの追加 無制限
データベース 50個 (MySQL5、他SQLiteも利用可能)
PHP PHP7/PHP5 利用可能
Cron 利用可能
SSL 独自SSL無料、オプション独自SSLも利用可能
アクセス解析 有り
ログイン試行回数制限 有り
国外IPアドレスからのアクセス制限 有り
電話サポート 有り

おすすめポイント

マルチドメインなど無制限で使用できる
大容量かつ高速なサーバーはアフィリエイト運営者の味方
レンタルサーバーを契約する時に必ず候補にあがる「安心安定」の定番サーバー

マルチドメインに対応しているため、専門的なサイトを複数作ることができます。
大容量の高速サーバーなので、訪問者の離脱率を減らすことができ、アフィリエイトに最適です。

アフィリエイトに限らずECショップや個人・企業サイト等あらゆるWEBサイトを作成する時に、必ずと言っていい程候補にあがる、みんなが使っている定番かつ人気のレンタルサーバー

公式サイトはこちら

ロリポップ!レンタルサーバー

月額費用 500円から (スタンダードプラン)
初期費用 1,500円 (エンタープライズプランのみ 3,000円)
無料お試し期間 有り (10日間)
ディスク容量 120GB (スタンダードプラン)
マルチドメイン 100個まで (スタンダードプラン)
WordPress簡単インストール 有り
転送量 100GB/日
ロリポップ!のドメイン 有り
独自ドメイン 100個まで使用可能
独自ドメインのサブドメイン ドメイン毎に500個まで使用可能
サーバーの種類 共用サーバー
回線速度 1000Mbps
共有SSL 利用可能
独自SSL 利用可能(別途オプション料金)
MySQL 利用可能
電話サポート 有り (スタンダード、エンタープライズプランのみ)

おすすめポイント

老舗である安定したサーバーなので企業も利用している
低コストで始めることができので、アフィリエイトの報酬ロスが少ない
同時アクセス数拡張機能があり、見られなくなる心配がない

老舗であるロリポップサーバーで、個人でも企業でも使用しているところが多いです。
低価格のサーバー利用料金がなので、利用料金がアフィリエイトでの報酬を上回ることが少ないです。

サーバー利用料金がアフィリエイトで発生した報酬を下回った場合、見かけ上アフィリエイトでの報酬が減ります。
したがって、サーバーの利用料金が安い方がいいです。

多くの訪問者の閲覧により、サーバーの遅延が発生した場合にサーバーダウンすることが少ないです。

公式サイトはこちら

ConoHa

月額費用 630円(メモリ512MBプラン)
初期費用 無料(全プラン対象)
無料お試し期間 無し ※ キャンペーン定期開催有り
SSD容量 20GB(メモリ512MBプラン)
SSD 全サービスでSSDを採用
ワンクリックインストール 無し ※ インストールマニュアル有り
WordPressの特典 超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」完備!
WordPressの特典 種類豊富なテンプレート有り
CPU 1コア (メモリ512MBプラン)
最低利用期間 無し
一ヶ月未満での退会料金 時間単位での利用料金適用
常に一番安い料金になるように自動計算されるので月額を超える請求は無し!
データ転送量 制限無し
電話サポート 有り (平日10時〜18時)
チャットサポート 有り (平日10時〜18時)
メールサポート 24時間受付

おすすめポイント

低価格で高性能の高コスパレンタルサーバー!
WordPressユーザーに嬉しすぎるまさかのKUSANAGI完備!
各種サポートが揃っているのも魅力的!

GMOが提供している大人気VPS(仮想専用サーバー)の ConoHa のご紹介!
共用サーバーと違い外部の影響を受けにくいので、特にアフィリエイトサイトなどエラーが起きて機会損失を招く心配が少ないことがメリットです。

またWordPressの超高速仮想マシンKUSANAGIも提供しているので、WordPressユーザーにとっても優しいサーバーです。

月の途中からの開始、退会も最安料金が適用されることや、他になかなかない電話サポートも可能な点からとてもユーザーファーストなサービス内容になっています。

余談ですがConoHa VPSのキャラ 「美雲このは」 も一部に熱狂的ファンがいるほど大人気です。

公式サイトはこちら

さくらレンタルサーバー

月額費用 515円 (税込、スタンダードプラン)
初期費用 1,029円(スタンダードプラン)
無料お試し期間 有り (2週間)
ディスク容量 100GB(スタンダードプラン)
マルチドメイン 20個まで (スタンダードプラン)
ワンクリックインストール 有り (WordPressも可能)
サーバーの種類 共有サーバー
利用可能なドメイン 独自ドメイン、さくらのドメイン
ドメイン設定 最大20
国外IPアドレスフィルタ 有り
アクセス制限 有り
共有SSL 有り
独自SSL 有り
ウイルスチェック 有り
メールサポート 有り
電話サポート 有り

おすすめポイント

ウィルスチェックが無料なので低コストで運用できる
マルチドメインに対応しているため、検索サイトで上位にランキングできる
ファイアウォールなどのセキュリティーに強いため安心して運用できる

さくらレンタルサーバーでは、RAID1を使用しており、バックアップデータ紛失が無いです。
RAIDとは、複数のHDDを積みバックアップしており、見かけ上1つのHDDとして運用します。

HDD1台壊れたとしても、その他のHDDが同じデータを保存しているためデータ紛失がありません。
セキュリティーに強いため、ハッキングなどの心配をせず安心して運用できます。

ウィルスチェックが無料なので、サーバー利用料が減りサーバー利用料金を減らすことができます。
結果としてアフィリエイトでの報酬額を減らさず運用できます。

公式サイトはこちら

99YENレンタルサーバー

月額費用 99円(エコノミープラン)
初期費用 2,000円(エコノミープラン)
無料お試し期間 無し
ディスク容量 15G(エコノミープラン)
DB数 0個(エコノミープラン)
ワンクリックインストール 有り (WordPressも可能)
※ エコノミープランはDB0個のためWordPressなどのCMSが使えません。
ドメイン 無制限
転送量(月) 3,000MB
データセンター 日本国内
SSL 共用、専用利用可能
スパムチェック 有り
ウイルスチェック 有り
電話サポート 無し
お問い合わせページ 有り
よくある質問ページ 有り

おすすめポイント

マルチドメイン無制限・転送量無制限で月額99円からレンタルできる
使用できる言語は20言語なので、多言語のサイトに向いている
スパムチェックを行ってくれるため、安心してサイトの運用ができる

マルチドメイン無制限というのは魅力があり、専門的なサイトをいくつも作ることができます。
20言語に対応しているため、世界的に多く使われているWordPressの多言語サイトができます。

スパム(いたずら行為)対策はとても重要であり、検索サイトではしっかりとしたサイトだと認識されます。
スパムがないサイトは、Googleが安心して表示できると判断してくれますので、信用されます。

スパム攻撃を受けたサイトは、Googleでペナルティーを受け、改善されるまで表示してくれません。
また訪問者もスパムコメントがないほうが安心して閲覧できるという、訪問者にやさしいサイトが作れます。

注意点としては、エコノミープランだとデータベースが無いので WordPress や MovableType などのCMSが利用できません。

公式サイトはこちら

CPIレンタルサーバー

月額費用 27,000円から (税別、CHM-01Zプラン)
初期費用 92,000円 (税別、CHM-01Zプラン)
無料お試し期間 無し
ディスク容量 100GB(スタンダードプラン)
ワンクリックインストール 有り (WordPressも可能)
コア数 4
ローカルストレージ 100~200GB
メモリ 16GB
グローバル IP アドレス 2(最大 52)
転送量 制限なし
メールサポート 24時間、365日対応 (条件有り)
電話サポート 24時間、365日対応 (条件有り)

おすすめポイント

KDDIグループ企業なので、安心してサイトを運用できる
高速で大容量のサーバーなので閲覧者の離脱率が減ります。
容量とマルチドメインは無制限なのでアフィリエイトに有利です。

CPIレンタルサーバーはKDDIグループ会社ということもあり、通信会社として長い歴史があり日本だけでなく世界から信用されている会社です。

CPIサーバーを例える時によく使われる言葉が「堅牢」さです。

専用サーバーなので、共用サーバーやVPSと違い 外部からの影響を受ける心配が全くありません。

大容量サーバーのため、アフィリエイトで使うデータが増えるため向いています。
マルチドメインや容量の無制限は、アフィリエイトにとって重要であり、信頼度が上がります。

またサーバーはUPS(無停電電源)を使用しているため、停電時などの災害時における電源トラブルでも運用できるため安心できます。

UPSは、病院・空港や銀行のオンラインシステム・パン屋など、停電などの電源トラブルがあった時でも電源を供給することができるデバイスです。

UPSがあれば、サーバーは稼働を続けるため、サーバーダウンの心配がありません。

公式サイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Facebookにいいね!して最新情報を受け取ろう!

Facebook

 - アフィリエイト, 副業