へそくりガイド

2018年最新の節約や副業,投資などお金の知識が学べる情報サイト

知識ゼロでも分かる!マイルの基礎知識と賢い貯め方を徹底解説!

   

周囲でマイルを貯めてタダ同然で旅行に行ってきたという話を聞くことがあります。
マイルってよく聞くけど、実際のところよく分かっていない人も少なくないのではと思います。

そこで今回は、マイルって何?という基礎的な話から、そんなマイルを効率良く貯める方法まで解説していきます。

知っておけば確実に得する内容なので、ぜひしっかり理解しておきましょう。

マイルとは?

マイルは、各航空会社が提供しているポイントサービスになります。
飛行機に乗るたびにマイル(ポイント)が貯まり、貯まったマイルを使って航空券に換えたりエコノミークラスからビジネスクラス、ファーストクラスにアップグレードすることもできます。

更には貯めたマイルに応じたランク付けもあり、上級会員になると特別なサービスを受けることができます。

マイルとマイレージの違い

マイルとマイレージ、よく聞くけど何か違いはあるのでしょうか?

マイレージ: 航空会社が顧客囲い込みのために実施しているポイントプログラムのこと
マイル: マイレージポイントプログラムで貯まるポイントのこと

日本で人気のマイルとは?

クレジットカードが各社ごとに異なるポイント制度があるようにマイルも航空会社によって制度は異なります。
日本で最も人気の高いマイルといえば、やはりJALとANAのマイルになります。

ちなみにJALマイル、ANAマイルの正式名称は以下のようになります。

JALマイル=JAL Mileage Bank(JALマイレージバンク)
ANAマイル=ANA Mileage Club(ANAマイレージクラブ)

マイルを貯めると出来ること

無料で飛行機に乗れる

旅行好きな人にとって一番の特典となるのが、貯めたマイルを使って無料で飛行機に乗れることです。

こちらがANAを例にした、貯めたマイルに応じた渡航先の目安になります。

ANAの場合国内旅行 10,000マイル~
ソウル 15,000マイル~(エコノミー)/30,000マイル~(ビジネス)
ハワイ 40,000マイル~(エコノミー)/65,000マイル~(ビジネス)
北米 50,000マイル~(エコノミー)/110,000マイル~(ファーストクラス)
欧州 45,000マイル~(エコノミー)/165,000マイル~(ファーストクラス)

座席のアップグレードが出来る

マイルを貯めると、座席をエコノミーからビジネス、ファーストクラスにアップグレードすることもできます。
特に移動の長い海外旅行で、ビジネスクラスやファーストクラスとなると、限られた人しか乗れないイメージですが、マイルを貯めることで無料で格上の座席に変更出来てしまいます。

航空券以外にも交換できる

貯めたマイルを航空券や座席のアップグレード以外にも、電子マネーやホテルの宿泊などに交換することもできます。
ただし、これらに交換する場合、ポイント価値が下がってしまうことがほとんどなので、マイルを貯めている人にとってはあまりお得感がない用途になります。

マイルを貯めているなら、やはり航空券と交換するのが一番還元率、お得感共におすすめです。

マイルの貯め方

マイルを貯める方法は、大きく分けて2つあります。

1.飛行機に乗って貯める

王道の貯め方になります。
JALマイルを貯めたかったら、日本航空に乗れば貯まりますし、ANAマイルであれば全日空の飛行機に乗れば貯まります。

また、JALやANAと提携している航空会社に乗ってもJALマイルやANAマイルを貯めることができます。
例えば、JALであればアメリカン航空、キャセイパシフィック航空、マレーシア航空などが主な提携航空会社になります。

当然ですが、ANAに乗ってJALマイルを貯めることができません。共にライバル会社になるからです。

頻繁に飛行機に乗る機会が多い人であれば、比較的マイルは貯めやすいですが、年に1回くらいしか飛行機に乗らない人にとっては、あまり効率的な貯め方とは言い難いところです。

2.提携しているクレジットカードを使って貯める

普段飛行機にあまり乗らない人は、クレジットカードで買い物してマイルを貯めることができます。

マイルが貯まりやすいクレジットカードであれば、毎日の買い物だけでも1年に1回のくらいのペースで旅行に行けちゃうくらいのマイルを貯めることができます。

余談ですが、飛行機に乗らずにマイルを貯める人のことを陸マイラーと呼びます。
飛行機に乗らずにマイルを貯めて無料でファーストクラスでたまに旅行を楽しむ陸マイラーは実は相当数います。

お得にマイルが貯められて海外旅行にも強いクレジットカードといえば楽天カードがおすすめ!

海外旅行に強い楽天カード6つのメリットとクレジットカードが必要な4つの理由

2018.10.16

効率良く大量マイルを貯めるにはポイントサイトを使おう

飛行機に乗ってマイルを貯める方法も、クレジットカードを利用してマイルを貯める方法も、王道の貯め方に違いはありませんが、実のところかなり大金を費やさなくてはいけません

実際に、国内旅行が無料で行ける1万マイル程度を貯めるには、どのくらいの労力を要するのでしょうか?
クレジットカードを利用して貯める場合、およそ80~100万円くらいを使うと、1万マイル程度が貯まる計算です。

  • 数年かけて地道に貯めれば良いと思うかもしれませんが、JALやANAマイルに関しては有効期限3年が設けられているため、のんびり貯めている間に有効期限がきてしまい、せっかく貯めたマイルが消滅してしまいます。

では、どうすれば多額のお金を費やさずに大量のマイルを貯めることができるのでしょうか?

現在最も主流かつ効率良くマイルを貯める方法として用いられているのが、ポイントサイトの活用です。
ハピタスモッピー等のポイントサイトを使って貯めたポイントをマイルに交換することで、毎月一定数のマイルを貯めることができるので、飛行機に乗らずとも、年間20万マイル以上を貯めることができるのです。

また、ポイントサイトで貯めたポイントを高レートでマイルに交換してくれるソラチカカードも併用することでより効率的にマイルを貯めることができます。

マイルは、必ずしも飛行機に乗ったり、クレジットカード決済で貯めるものとは限りません。
これらの方法だと、むしろかなりの出費がかさむわりに、思ったほどは貯まりません。

その他大勢の陸マイラーが実践しているように、飛行機にも乗らず、ほとんどお金も使わずに年間10~20万マイルを貯めることが可能なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、マイルに関する基礎知識や、効率的にマイルを貯める方法についてご紹介しました。

今まで意識してこなかった人や、非効率なマイルの貯め方をしてきた人は、ぜひこの機会にポイントサイトを利用してみましょう。
ほとんどお金をかけずに今までよりもはるかに効率的に大量のマイルが貯められるはずです。

ちなみに年間20万近くのマイルを貯めることができれば、ファーストクラスで世界一周旅行や、夫婦でビジネスクラスに乗ってハワイ旅行などが無料で出来てしまいます。
正規の運賃であれば数百万円かかるところを賢くマイルを貯めるだけで無料で行けてしまうのです。

今からでも遅くないのでぜひこの機会にマイルを簡単に貯めちゃいましょう。

ビジネスクラス、ファーストクラス全てタダで乗れる方法がこちら!


マイル塾では、誰でも実践できる大量マイルの貯め方を受講者だけに公開中!
賢く効率的にマイルを貯めれば、1円も使わずに毎年ハワイ3往復くらい出来ちゃいます。
今すぐセミナーに申し込もう!

年間20万マイル貯める方法はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Facebookにいいね!して最新情報を受け取ろう!

Facebook

 - お金, マイル