One Tap BUYで株式投資!指先一つで株式投資ができるワンタップバイを解説

   

株式投資というと、難しく、ハードルの高いものと思っていませんか?
筆者もその一人ではあります…株の初心者は、なかなか利益が出ないという印象もありますよね。

そんな「株」と聞いただけでちょっと身構えてしまう人でも簡単に「株デビュー」できるアプリ「One Tap BUY(ワンタップバイ)」をご紹介します。

One Tap Buy

One Tap BUY(ワンタップバイ) 公式サイトはこちら

One Tap BUY(ワンタップバイ)とはどんなアプリ?

One Tap BUY(ワンタップバイ)とは、2013年に設立された株式会社One Tap BUYが、日本初のスマホ証券として2016年6月にサービスを開始したアプリです。
先述の通り、スマホで簡単に株式投資ができるのがメリット。

現在、用途に合わせて下記3つのアプリがリリースされています。

・One Tap BUY(ワンタップバイ)日本株
・One Tap BUY(ワンタップバイ)米国株
・積み立て投資専用アプリ「積み株」

One Tap BUY(ワンタップバイ)日本株とは?


One Tap BUY(ワンタップバイ)日本株とは、上場している日本企業のうち、優良企業30社の株が買えるアプリ。
これまでの買い方では手の届かなかった企業の株式も手軽に買うことができます。
また、「まるごと日本株」というサービスでは、ETFと呼ばれる株式の分散投資も可能です。
ETFでは、市場全体の値動きで損益が変わっていきます。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)米国株とは?


One Tap BUY(ワンタップバイ)米国株は、ニューヨーク証券取引所とNASDAQで取引されている銘柄のうちAmazonやマクドナルドといった世界的に有名で日本人にも馴染みのある優良企業30社の株が購入できるアプリ。
日本株同様、「まるごと米国株」という分散投資のサービスもあります。

積み立て投資専用アプリ「積み株」とは?


株の自動積立専用のアプリ。

自分で最初に設定をすれば、後は一定額を決まったスケジュールでアプリが自動積立してくれます。
証券会社を通じて株の積み立てをしようとすると、手続きが多かったり、手間がかかることが多いのですがその点、One Tap BUYならアプリで設定・変更・停止等が簡単にできます。
自分に無理なく、長期的に株の積み立てをしたいという人のためにはちょうどいいアプリです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)の魅力

金額単位での取引が可能!1,000円から気軽に株式投資ができる!

通常の株式投資だと、単元株数単位でしか取引できませんでした。
単元株の購入方法は、単元が1株なら1株ごと、100株なら100株ごとしか買えないという仕組み。
単元は多くは企業側の方で決定されており、端数での購入もできないというのがデメリットでした。

しかしOne Tap BUYでは、1,000円単位での取引が可能。
一般の証券会社では、株数、使い方(成行、指値など)、指値の場合の株価などを入力しなくてはなりませんが、One Tap BUYでは○○円分の株を買う、という買い方ができます。

また、One Tap BUYでは1,000円から株式投資が可能。
1,000円からリアルタイムで株式投資できる仕組みは日本初なんだそうです。
少額から株を始めてみたい、という人には非常にマッチしたサービスと言えます。

ちなみになぜほかの証券会社とは異なり、1,000円単位での株取引ができるのでしょうか?
それは、いったんOne Tap BUYが取り扱い銘柄の株を購入し、それを1,000円単位に分けてユーザーに販売するというスタイルをとっているためです。
ですから、通常株の取引は市場の開いている時間にしかできませんが、One Tap BUYでは米国株は24時間365日取引可能になっています。
(日本株は市場開場時間の9時~14時59分まで)

スマホ専用証券。ユーザーの多くが未経験者だからサポートも充実。


日本初のスマホ証券だからこそ、見やすく・使いやすい株取引画面を実現。
上記画像はアプリのイメージ画像ですが、このように直感的に操作しやすい造りになっています。
スマホが普及した現代だけに、スマホでの株取引にストレスがない環境が提供されていますね。
こうしたことからOne Tap BUY利用者の約7割が未経験者(2017年4月末現在 ユーザー調査より)なんだそうです。

また、株未経験者が多いので電話・メールでしっかりサポートしてくれ、口座開設から取引方法まで、気軽に問い合わせ可能です。
ブラウザでのFAQや使い方の説明も充実していますし、アプリ内で株に関するマンガや記事も読めます。


これを機に勉強したいというニーズもしっかり満たしてくれます。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

セキュリティ面でも初心者に安心の仕組み。

株のことがよく分からない初心者にとって、うまくお金を運用できるのか、管理状況はどうなるのかという部分は不安になります。
その点、下記3点からOne Tap BUYではユーザーの資金を保全してくれます。

<ガード1> 信託銀行による管理
One Tap BUYに入金されたお金は、みずほ信託銀行が保管・管理しますので、One Tap BUYに万一のことがあってもお客様からお預かりしたお金に影響が及びません。
<ガード2> 信託法
みずほ信託銀行に万一のことがあった場合でも、信託法により、信託財産は守られます。
<ガード3> 投資者保護基金
予想外の事件に巻き込まれるなど、上記によっても守られなかった場合でも、投資者保護基金により1人のお客様につき1,000万円まで保全されます。

未成年者でも口座開設可能!

One Tap BUY(ワンタップバイ)では、未成年者の口座開設も可能です。
14歳までは、親権者が口座開設していることが条件に入りますが、15歳~19歳は親権者の口座がなくても自分の口座を開くことができます。
もちろん、親権者の同意事項は下記のように決められています。

未成年者のお取引の特殊性から、親権者の方には次の事項にご同意いただきます。
1:未成年者が口座を開設すること。
2:14歳以下の未成年口座に係る取引は親権者が行うこと。
 15歳以上の未成年口座(親権者が処分を許した財産)に係る取引は本人が主体となって行うこと。
3:同口座で行われる取引の効果は未成年者に帰属するものであること。
4:パスワード等口座情報の管理について、親権者が責任を負うこと。
5:同意書に署名捺印した者の他に親権者がある場合、その者も同意するものであることを保証すること。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)のデメリットは?

取り扱い銘柄が少ない

まず挙げられるのは銘柄の少なさです。
一度One Tap BUYが購入した株をユーザーに販売するというスタイルである以上仕方のないことかもしれませんが、日本・米国それぞれ30銘柄ずつの取り扱いですので、それ以外の銘柄の株がほしいとなるとネット証券等、ほかの手段を探さなくてはなりません。

手数料等がネット証券より高額になる可能性がある

One Tap BUYへの入金は銀行振込です。
つまり、①他行宛振込手数料が無料の銀行を持っていない場合や②みずほ銀行で所定の条件をクリアしない場合は、振込手数料がかかってしまいます。
また、出金時も手数料が発生します。

One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはこちら 

One Tap BUY(ワンタップバイ)を使ってみよう

One Tap BUYを使うにあたっては、下記画像のようにブラウザでも画面で確認できるガイドがあり非常に便利です。


One Tap BUY(ワンタップバイ)公式ページより 

まずは口座開設!


One Tap BUY(ワンタップバイ)口座開設ページより 

口座開設は上記の3ステップで行います。
口座解説ページで個人情報の入力をし、免許証などの本人確認書類をアップロードします。
口座開設が完了すると、ログインIDやパスワードが記載された簡易書留が送られてきます。
それらを使ってアプリにログインすると取引が開始できます!

株を買ってみよう!

株の買い方も、たった3ステップです!


①まずは買いたい銘柄を選びましょう!


②次に、「入金する」をクリック!


あとは振込を済ますだけです!

おわりに

いかがでしたか?
初心者でも株が身近に感じられるアプリ、One Tap BUYをご紹介しました。
難しそうに感じられた株取引も、いまはスマホアプリで、指先だけで出来てしまいます。
少額から挑戦できるのも非常に魅力的ですので、ぜひチャレンジしてみてください!

One Tap Buy

One Tap BUY(ワンタップバイ) 公式サイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Facebookにいいね!して最新情報を受け取ろう!

Facebook

 - 株式投資