へそくりガイド

2019年の節約、副業、投資、お金の知識が学べる情報サイト



CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

【2019年度最新版】ふるさと納税の王道返礼品まとめ【お得な返礼品随時更新】

   

ふるさと納税でまず押さえたい「王道返礼品」は制度変更後もある!

ふるさと納税の新制度、除外された自治体もあって、お得じゃなくなっているのでは?
とお感じのあなたへ。
新制度になったからと言って、急激に返礼品がお得じゃなくなるということはありません!
また、とりあえずはこれを押さえておくべき!という王道返礼品は継続してあります。
例えば、次のようなものです。

  • やっぱりコスパの良い肉!
  • 王道と言えばカニ・エビ!
  • 毎日食べるものだから。押さえて損のないお米!
  • 注目度No.1!家電(電化製品)

今回はそんな「ふるさと納税の王道返礼品2019最新版」を一気に紹介していきます!

【2018年度最新版】ふるさと納税の王道返礼品まとめ

2019.06.27

必ず押さえたい!ふるさと納税王道返礼品一挙紹介!

やっぱりコスパの良い肉!①:黒毛和牛 すき焼き用切り落とし 1kg 

牛肉の返礼品でコスパが良いと感じるラインは1㎏当たり1万円の寄附、と言ったところでしょうか。
こちらの熊本県天草市の返礼品もその条件にぴったり合う、1万円の寄附で1㎏のすき焼き用切り落とし肉が頂けます

地元天草市五和町の牧場で大切に育てられた黒毛和牛。
A4~A5ランクのお肉をすき焼き用切り落としにしました。
すき焼き用はもちろん、焼肉などいろんなお料理に活躍します。

さとふる より
とのことで、写真のように500gのパックが2つという形で冷凍発送されるので使いたいときに解凍できる便利な返礼品です。

詳しくはこちら

やっぱりコスパの良い肉!②:豚ウデ肉・豚モモ肉スライスセット4.5㎏ 

豚肉でもコスパの良いものをご紹介していきます。
牛肉よりも1キロ当たりの寄附額はかなり低くなる豚肉ですが、
その中でも1万円台の寄附で4㎏台の豚肉をいただけるのはかなりコスパがいい返礼品と言えるでしょう。
ご紹介している宮崎県都農町の返礼品は、1万5千円の寄附で、豚ウデ肉・豚モモ肉をスライスを合計4.5㎏頂けます。
コスパの良い豚肉の多くは切り落としですが、こちらのお肉はウデ肉とモモ肉のセット。
かつ、1パックあたり450g×10という形での冷凍発送ですので使い勝手もよいのがメリットです。

詳しくはこちら

王道と言えばカニ・エビ!①活冷伊勢えびとボイルサザエ 

エビやカニも魚介の高級食材としてふるさと納税には欠かせない存在。
三重県紀北町に1万円寄附すると頂けるのは、こちらの伊勢海老とサザエのセット
解凍するだけですぐに食べられる伊勢海老が200gと、サザエが700gのセットです。
お刺身でも食べられるそうですが、オススメは写真のように網焼きにすることだとか。
手軽に豪華な食卓を囲めそうです!

詳しくはこちら

王道と言えばカニ・エビ!②稚内産紅ズワイガニ爪特大サイズ1kg あふれ出すカニの旨味が至高の爪肉 

カニの旬は冬ですが、ふるさと納税では冷凍品を含め通年でゲットできるのが魅力。
特にこの返礼品は北海道稚内市に1万円寄附すると頂けるもので、1㎏で寄附額1万円と、コスパ◎です。
特にこの返礼品では、塩ゆで&カット済!爪には剥きやすいように切込みつきなので、簡単に剥くことができます
カニの味は好きだけど、処理が大変で食べるのがおっくうという方にピッタリです。

詳しくはこちら

毎日食べるお米。①:特別栽培米<ヒノヒカリ> 精米5kg 

ふるさと納税でお米を返礼品として選択する際、一つのコスパの目安になるのが10㎏当たりの寄附額。
10㎏1万円の寄附であれば、コスパが良いです。
あとはブランド米などになると寄附額がその分あがるのでそれに応じて返礼品を選択していくという方向になります。
この返礼品はまずまずのコスパと言える、兵庫県上郡町に7,000円寄附すると頂けるヒノヒカリ精米5㎏です。

兵庫県の内陸部に位置する上郡町では潮風が当たらず、
瀬戸内海気候の温暖な環境で栽培することができます。
西日本を中心に栽培されているヒノヒカリ。
コシヒカリを父にもち、うまみの強い品種です。

さとふる より
とはいえ、「ヒノヒカリ」を食べなれたことのない方にとってはいきなり10㎏を返礼品としてもらうのに抵抗があるかもしれません。
この返礼品であれば5㎏と少なめなので、お試しでもらってみるにもちょうどよいと思います。

詳しくはこちら

毎日食べるお米。②:ごんげんらいす10kg 

奈良県吉野町に1万円寄附すると頂けるのは、お米10㎏。
奈良県産のヒノヒカリを発送前に精米して届けてくれます。

三つ星お米マイスターが厳選する奈良県産のヒノヒカリは、味・香り・粘りと三拍子揃ったおいしいお米です。

ふるなび より
と、おいしさにも自信を覗かせています。
現在の発送は平成30年産のお米。新米時期になり次第、令和元年産のお米に切り替わるそうです。

詳しくはこちら

注目度No.1の家電!①:空気清浄機 

ふるさと納税と言えば家電!
高価・返礼割合の高い・地場産品ではないなどの理由から、総務省から返礼品から除外するように言われた自治体が多かったのは事実です。
逆に、今、新制度になっても返礼品として提供できる自治体はそれ相応の理由があるのです。
ご紹介しているのは、茨城県日立市に3万円寄附すると頂ける、日立製作所製の空気清浄機。
HITACHI発祥の地である日立市で製造されているということで返礼品となっています。
コンパクトながら、対応床面積は~15畳。
0.1~2.5μmの粒子を99%キャッチする空気清浄機です。

詳しくはこちら

注目度No.1の家電!②:VAIO SX14 

総務省の規制によって一番減ったと感じた返礼品の一つはパソコンではないかと思います。
家電返礼品の取り扱いの多いふるさと納税サイト「ふるなび」さんでも、
パソコンを返礼品としている自治体は2019年6月現在、片手で足りるほどしかありません。
そんな状況のなかでもパソコンを返礼品としている自治体をご紹介します。長野県安曇野市です。
VAIO生産拠点のある長野県安曇野市。その工場で製造されたノートパソコンが返礼品として登場!
寄附額は57万円とかなり高額ですが、控除できそうな方にとっては大注目の返礼品と言えそうです!

詳しくはこちら

新制度でもお得な自治体はどこ?

ふるさと納税の新制度がスタートして、優遇が受けられない自治体が出たりと規制が厳しくなり
お得度が下がった印象をお持ちだった方も、コスパの良さを継続している自治体があるということを感じていただけたのではないでしょうか?
記事中に紹介した「コスパが良いと感じる基準」をもとに、あなたもお得な返礼品を探してみてください!

【最新版お得返礼品】ふるさと納税新制度でもコスパ◎!お得な返礼品を一気に紹介!

2019.09.13

ふるさと納税見直し!新制度でもお得な返礼品をチェック!【最新ニュース随時更新】

2019.07.03

CM放映記念!Amazonギフト券コード増量キャンペーン復活!


ふるなびでは、3つのご利用条件を満たして寄付をすると下記の特典が受けられます。

Amazonギフト券 コードが3%還元!
「ふるなびクラウドファンディング」から寄附ならさらに1%プラスの4%還元!

通常時も寄附額1%分のAmazonギフト券コードが還元されますが、今寄附すると寄附額3%分のAmazonギフト券コードがゲットできます。

ふるなび限定・終了時期未定のキャンペーンなので、終了前に寄附を急ぎましょう!

Amazonギフト券コードをゲット!

さとふる 

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

ピックアップ

4年連続認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト(2019年1月調査)
掲載自治体すべてがクレジットカード対応可能!
キャンペーンが充実。一定額以上の寄附やレビューの投稿でギフト券などが抽選で当たる!

公式サイトはこちら

ふるさと納税に関するお得な情報をLINEでお届けします♪

 - ふるさと納税