へそくりガイド

節約、副業、投資、お金の知識が学べる情報サイト



CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

【2020年最新版】ふるさと納税の王道返礼品まとめ

   


ふるさと納税で返礼品に迷ったら?まずはこちらをチェック!

王道返礼品はこちら

王道返礼品

ふるさと納税でまず押さえたい「王道返礼品」!


ふるさと納税の新制度、除外された自治体もあって、お得じゃなくなっているのでは?
とお感じのあなたへ。
新制度になったからと言って、急激に返礼品がお得じゃなくなるということはありません!
また、とりあえずはこれを押さえておくべき!という王道返礼品は継続してあります。
例えば、次のようなものです。

今回はそんな「ふるさと納税の王道返礼品2020最新版」を一気に紹介していきます!

必ず押さえたい!ふるさと納税王道返礼品一挙紹介!

やっぱりコスパの良い肉!①:黒毛和牛 すき焼き・しゃぶしゃぶ用 ももスライス 600g  

これまで牛肉の返礼品でコスパが良いと感じるラインは切り落とし肉で1㎏当たり1万円の寄附でした。
しかし2019年、総務省から「返礼品は寄附額の3割相当」との通知があったことで1万円当たりの内容量がほぼ半減している印象があります。
こちらの鹿児島県南さつま市の返礼品は、鹿児島県産の黒毛和牛すき焼き・しゃぶしゃぶ用肉が600g、1万円の寄附で頂けます。
残った分はチャック袋で保管でき、とても便利な返礼品です。

詳しくはこちら

やっぱりコスパの良い肉!②:豚ウデ・モモ肉スライス4.5kg&粗挽きウインナー180gセット《合計4.6kg以上》 

豚肉でもコスパの良いものをご紹介します。
豚肉は牛肉よりも1キロ当たりの寄附額はかなり低くなります。
その中でも1万円台の寄附で4㎏台の豚肉をいただけるのはかなりコスパがいい返礼品と言えるでしょう。
ご紹介している宮崎県都農町の返礼品は、1万5千円の寄附で、豚ウデ肉・豚モモ肉をスライスを合計4.5㎏+ウインナー180gが頂けます。
コスパの良い豚肉の多くは切り落としですが、こちらのお肉はウデ肉とモモ肉のセット。
かつ、1パックあたり450g×10という形での冷凍発送ですので使い勝手もよいのがメリットです。

詳しくはこちら

王道と言えばカニ・エビ!①:刺身用ボタンエビ大サイズ1kg + 刺身用ホタテ500g  1.5kgセット 

極上のボタンエビとホタテのたっぷり1.5㎏セットです。

厳選したボタンエビとホタテは新鮮なまま急速冷凍して届けられるので解凍してお刺身で味わえます。

北海道稚内市に2万円寄附すると頂けます。

詳しくはこちら

王道と言えばカニ・エビ!②:【超特大・極太5Lサイズ】本たらば蟹ボイル脚1kg

カニの旬は冬ですが、ふるさと納税では冷凍品を含め通年でゲットできるのが魅力。
こちらは北海道稚内市に2万円寄附すると頂けるもので、超肉厚なタラバガニの足を1㎏堪能できる返礼品です。
ボイル後に氷の膜で旨みを閉じ込める『シュリンク加工』を施しているそうです。
この加工でパサつきもなく、ジューシーなタラバガニを自然解凍するだけで味わえます!

詳しくはこちら

毎日食べるお米。①:令和二年産特別栽培米<ヒノヒカリ> 精米5kg 

ふるさと納税でお米を返礼品として選択する際、コスパの目安になるのが10㎏当たりの寄附額。
10㎏1万円の寄附であれば、コスパが良いです。
あとはブランド米などになると寄附額がその分あがるのでそれに応じて返礼品を選択していくという方向になります。
この返礼品はまずまずのコスパと言える、兵庫県上郡町に8,000円寄附すると頂けるヒノヒカリ精米5㎏です。

兵庫県の内陸部に位置する上郡町では潮風が当たらず、
瀬戸内海気候の温暖な環境で栽培することができます。
西日本を中心に栽培されているヒノヒカリ。
コシヒカリを父にもち、うまみの強い品種です。

さとふる より
とはいえ、「ヒノヒカリ」を食べなれたことのない方にとってはいきなり10㎏を返礼品としてもらうのに抵抗があるかもしれません。
この返礼品であれば5㎏と少なめなので、お試しでもらってみるにもちょうどよいと思います。

詳しくはこちら

毎日食べるお米。②:【数量限定】令和元年産 山形県産はえぬき 精米5kg×2袋

日本穀物検定協会実施の米の食味試験にて、平成6年から平成27年の22年連続で最高ランク【特A】を受賞。
米どころ山形を代表する「はえぬき」5㎏が2袋送られてきます。

詳細はこちら

注目度No.1の家電!①:コードレス掃除機

ふるさと納税と言えば家電!
高価・返礼割合の高い・地場産品ではないなどの理由から、総務省から返礼品から除外するように言われた自治体が多かったのは事実です。
逆に、今、新制度になっても返礼品として提供できる自治体はそれ相応の理由があるのです。
ご紹介しているのは、茨城県日立市に19万円寄附すると頂ける、日立製作所製の掃除機。
HITACHI発祥の地である日立市で製造されているということで返礼品となっています。
使いやすいコードレススティックタイプの掃除機です。

詳しくはこちら

注目度No.1の家電!②: 「made in 飯山」マウスコンピューター 15.6型ノートPC「F5-celWHLAB-A-IIYAMA」(office付属モデル)

総務省の規制によって一番減ったと感じた返礼品の一つはパソコンではないかと思います。
家電返礼品の取り扱いの多いふるさと納税サイト「ふるなび」さんでも、
パソコンを返礼品としている自治体は2020年3月現在、片手で足りるほどしかありません。
そんな状況のなかでもパソコンを返礼品としている自治体をご紹介します。
「マウス」パソコン生産拠点のある長野県飯山市です。
その工場で製造されたノートパソコンが50点限定で返礼品として登場!
寄附額は28万円と高額ですが、控除できそうな方にとっては大注目の返礼品です!

詳しくはこちら

新制度でもお得な自治体はどこ?

ふるさと納税の新制度がスタートして、優遇が受けられない自治体が出たりと規制が厳しくなり
お得度が下がった印象をお持ちだった方も、コスパの良さを継続している自治体があるということを感じていただけたのではないでしょうか?
記事中に紹介した「コスパが良いと感じる基準」をもとに、あなたもお得な返礼品を探してみてください!

ふるさと納税人気特産品ランキングTOP3!

2020.09.30

さとふる 

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

ピックアップ

4年連続認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト(2020年1月調査)
掲載自治体すべてがクレジットカード対応可能!
キャンペーンが充実。一定額以上の寄附やレビューの投稿でギフト券などが抽選で当たる!

公式サイトはこちら

 - ふるさと納税