へそくりガイド

2019年の節約、副業、投資、お金の知識が学べる情報サイト

JTBのふるさと納税サイト「ふるぽ」

損しない保険の入り方!保険選びの考え方を分かりやすく解説

   

保険は「複雑で難しい」という印象を抱く方が多く、何を選べば良いのかいつ加入した方が良いのか迷う方が多いと思います。
選ぶ保険の内容は、その人の置かれた状況や環境によって大きく異なります。
損しないためにも保険に加入するタイミングや、自分にピッタリな保険の選び方について、そのポイントをご紹介します。

保険選びに迷ったらココ!

保険見直し本舗

保険知識ゼロだからこそ無料相談窓口を活用しよう!

くわしくは公式サイトにて:
無料相談はこちら

生命保険の無料相談・見直しは口コミが高評価で取り扱い会社40社の「保険見直し本舗」がおすすめ!

2019.04.12

保険ってどんな時に入るべき?

保険って、いつ、どういうタイミングで加入すれば良いのでしょうか?
普段あまり考えることのない保険ですが、加入することで得られる安心やメリットがたくさんありますので、参考にしてみてください。

結婚した時

結婚をきっかけに奥さんを守る意味で保険に加入する方は相当数います。
自分に万が一のことが起こった時に遺された家族が不自由しないために保険に入ろうと思うのは自然なことですね。

出産した時

上記と同じように、家族がきっかけで加入を決めるケースですが、子供となると親として養育する義務が課せられます。
生活費だけでなく、成人するまで子供が学校に通えるように生命保険に加えた学資保険などに加入する方も多いです。

親が高齢になってきたのをきっかけに

特に独身の方に多いのは、受取人を親にして生命保険に加入するケースです。
自分に万が一のことが起きた時に、お金という形で親に還元し高齢で年金暮らしの親の生活を支えたいという思いから保険に入る方も多いです。

自分の老後のために

100歳時代と言われているようにこれからの日本は高齢化が著しく進んでいきます。
長生きできるのは良いけど、その分お金もかかります。豊かな老後を暮らすにはお金は欠かせない存在になります。
銀行にお金を預けてもなかなか利息は期待できないこのご時世、老後の資金やお葬式代も保険で検討している方はかなり多いです。

上記のとおり、その人のライフスタイルによって保険について考えるタイミングは様々です。
将来何が起きても経済的に困らないように備えるのが保険加入の意義であり、メリットでもあります。

保険初心者必見!5分で分かる保険の基礎知識

2019.03.20

貯蓄と保険って何が違うの?


将来に備えるという意味で「貯金」が挙げられます。万が一何かが起きた時に金銭的な蓄えがあると非常に助かりますよね。

しかし、貯金の場合貯めた総額しか残らないのに対し、「保険」は、仮に自分が事故や病気で死亡した場合、払い込んだ金額に関係なく、設定した保険金を受け取ることができます
そのため、貯金があまりない方にとっては、保険は安心を得るための商品とも言えます。

損しないための保険選びのコツ

生命保険を高く設定すれば受取額も当然高くできますが、毎月の保険料が高くつき家計を圧迫しかねません。
自分に合った保険選びとは、自分の置かれた環境や家計状況に対してどれだけの額とどれだけの期間入るべきかを考える必要があります。

自分の環境や経済状況から、今後どのくらいのお金が必要で、どのくらいの保険に加入するのが最適なのかを知るために利用したいのが保険マンモスです。

保険マンモスではお金のプロであるファイナンシャルプランナーが家計状況やライフスタイルに合った保険を提案してくれます。
お金と保険のプロという独自の視点から、むやみに高い保険を勧めることはなく、最適な保険選びができると評判の会社です。

家計に合った保険選びをしたい方は保険マンモスに依頼してみるのがオススメです。

保険の見直しはお金のプロ(FP)に相談|「保険マンモス」の口コミ、評判、3つの特徴を徹底解説

2019.03.20

公的医療保険制度も確認する

これは保険に加入する前に知っておくべき内容ですが、日本では国民全員が何等かの公的医療保険に加入することを義務付けられています。
会社員であれば「健康保険」、自営業者や無職の方であれば「国民健康保険」に入ります。

健康保険と国民健康保険の違い

健康保険国民健康保険
対象者会社員自営業
専業主婦
無職
治療費の自己負担3割負担3割負担
出産一時金42万円(諸条件あり)42万円(諸条件あり)
出産手当ありなし
傷病手当ありなし
死亡時埋葬費 50,000円葬祭費 30,000円~70,000円(自治体によって異なる)

健康保険と国民健康保険では保障内容に違いはありますが、ケガや病気、または死亡時に国や自治体から受けられる保険もあることを知っておきましょう。

この他にも、年金から出る遺族年金や生活保護、児童扶養手当など公的機関から受け取れるものは意外と多いです。

保険料を安くするポイント以上のことを踏まえて、保険を選ぶ際には、これらの公的医療保険制度や公的年金で補いきれない部分の保険に加入すると、無駄や重複なく保険料を抑えることができます。

失敗しない保険選びを心がけよう

保険に入る時期や入る保険の内容は人それぞれです。安心を得るために色々入っておくのは悪いことではありませんが、今の自分の環境に合っていない保険に闇雲に入り過ぎると毎月の保険料が家計を圧迫し困窮する羽目になってしまいます

失敗しない保険選びとは、自分に必要な保険がどんな保険か明確にすることです

上記内容を踏まえながら選ぶことで無駄や損のない保険選びができるようになります。
自分だけでは最適なプランを考えらないと不安に思う方は、ぜひ保険見直し本舗に相談してみましょう。

自分に合った最適な保険選びを無料で相談に乗ってくれます。
保険の基礎知識や保険の種類についても丁寧に説明してくれるので、ぜひ活用してみてください。

保険見直し本舗

保険見直し本舗

ピックアップ

直営店が全国250店鋪以上で訪問相談可能!
40社以上の保険からあなたにぴったりの保険を提案!
アフターフォロー万全だから一生安心!

無料相談予約はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Facebookにいいね!して最新情報を受け取ろう!

Facebook

 - 保険, 生命保険