ビットポイントライトは簡単操作でXRP取引が可能なアプリ!BITPoint Liteの特徴と使い方を解説

   

送金手数料・取引手数料が無料で、FX取引にMT4が使用できるBITPointが、
操作性のよいアプリBITPoint Lite(ビットポイントライト)をリリース。
どんな風に使えるのでしょうか?また、BITPointのほかのアプリとの違いは?
今回はBITPoint Liteについて徹底解説していきます!
BITPointについては、こちらをどうぞ。

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント) 公式サイトはこちら

BITPoint Liteの概要

BITPoint Liteは「仮想通貨取引が初めての方でも簡単に使えるアプリ」として、
BITPointがリリースしたアプリです。
現在リリースされているのはiOSのみで、Android版は2018年6月上旬のリリース予定となっています。

BITPoint(ビットポイント) 公式サイトはこちら

BITPoint Liteの特徴

見やすい・使いやすい画面で仮想通貨の購入や売却が可能

上記のような、見やすく分かりやすい画面で、仮想通貨の購入や売却が可能。
iOSアプリのユーザーレビューでも「直感的に操作ができる」「使いやすい」という声が上がっています。

対応通貨は、BITPointで取り扱っているすべての通貨(ビットコイン・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・リップル・イーサリアム)です。
リップルをスマホアプリで売買できるのは非常に少なく、ここも大きなポイントと言えそうです。

BITPoint(ビットポイント) 公式サイトはこちら 

安心のセキュリティ

全てのセキュリティはBITPointの運営している株式会社ビットポイント独自のアルゴリズムと管理体制に基づいているので安心です。

・ホワイトハッカーによるペネトレーションを含む各対策の定期的な点検
・即座に異常を検知できる24時間365日の監視体制
※例えば、ホット・ウォレットの秘密鍵が漏洩した場合であっても第三者がこの秘密鍵を解読することの不可能な対策を講じております。

と、App Storeプレビューでも説明されています。

BITPoint(ビットポイント) 公式サイトはこちら 

BITPoint LiteとBITPoint Walletの違いは?

BITPointでは2種類のアプリがあります。
一つはBITPoint Walletという仮想通貨送受金専用アプリ、
そしてもう一つはBITPoint Liteです。

BITPoint WalletではBITPointアカウントにあるビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を送受金する事ができます
しかし仮想通貨を売買する事は出来ません。
つまり、取引所と連動したウォレットとしての役割を担っています。

BITPoint LiteではBITPoint Walletでできない仮想通貨を日本円で売買する機能があります。
しかし購入した仮想通貨を他の取引所やウォレットに送金する事はできません
「BITPoint Walletの機能+BITPoint Liteの機能=パソコン(ブラウザ)のBITPointの機能」ということになります。

その為スマホでBITPointの機能を利用しようと考えている方はBITPoint Wallet・BITPoint Liteどちらもインストールすることをお勧めします。

ちなみにBITPoint WalletもBITPoint Lite同様、BITPointで取り扱う全ての仮想通貨(ビットコイン・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・リップル・イーサリアム)に対応しています。

BITPoint(ビットポイント) 公式サイトはこちら 

BITPoint Liteの使い方

まずはログイン!

BITPoint Liteの使い方は、非常に簡単です。
まずは、アプリをインストールしてログインしましょう。


インストールしたら、画像の赤枠で囲ったところをタップします。すると、画像のようにメニュー画面が左側に出てきます。
メニュー画面の青枠部分をタップしてログインします。


ログイン画面はこちらです。
BITPointで登録しているログインIDとパスワードを入力し、青枠のログインをタップすればログイン完了です!

BITPoint(ビットポイント) 公式サイトはこちら 

どんなことができるのか?

つぎに、メニュー画面についてみていきましょう。


メニュー画面は上記画像のようにシンプル。大きく分けると4つの機能があります。

①仮想通貨取引:仮想通貨の売買を行うメニュー
②資産サマリー:現在保有している資産状況を確認
③取引履歴:過去の取引履歴の確認
④設定:問い合わせや各種設定

今回ご紹介するのは仮想通貨の購入画面と使用方法です。
メニュー画面から「仮想通貨取引」をタップすると、下記のような画面になります。


購入したい仮想通貨名(例えば今回はBTCとします。青枠部分)をタップし、「購入」(緑枠)をタップ。


上記のような画面に移ります。
希望購入数量(青枠部分)と取引暗証番号(緑枠部分)を入力、「想定支払金額」などで支払額を確認したうえで
注文(黄枠部分)をクリックすれば購入完了です!

このように、BITPoint Liteの取引は非常に簡単です。
しかし、BITPoint Liteでは成行注文しか対応していないようなので、その点は注意が必要です。

BITPoint(ビットポイント) 公式サイトはこちら 

まとめ

いかがでしたか?BITPoint Liteについて解説してきました。
操作性もシンプルで分かりやすい、仮想通貨の取引がより身近になるようなアプリです。
BITPointで口座登録している人はぜひ挑戦してみてください!

BITPoint(ビットポイント)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Facebookにいいね!して最新情報を受け取ろう!

Facebook

ビットコイン・仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの取引所!

7種類14ペアのレバレッジ取引が魅力の 「DMM Bitcoin」

ビットコインをはじめイーサリアムやネム、リップルなど人気の通貨を7種類、合計14ペアで取引できる!
みんな知ってる「DMM.com」ブランドの高度なセキュリティ「資産分別管理」や「コールドストレージ」などで安心安全!
はじめての人にも安心の仮想通貨業界初「24時間365日」のサポート体制だから困ったことはすぐに聞ける!

公式サイトはこちら

 - ビットコイン・仮想通貨