へそくりガイド

2019年の節約、副業、投資、お金の知識が学べる情報サイト

JTBのふるさと納税サイト「ふるぽ」

不動産投資のデメリットとは?適切な対処法を知っておこう

      2019/06/13

不動産投資のデメリット3つ

1.初期投資、維持コストがかかる

不動産投資は1,000万円以上の買い物になることがほとんどで、数万円からできる株式投資などと比べて初期投資金額の負担が大きいことは1つのハードルと言えるでしょう。

また不動産は古くなれば改修や修繕が必要になるため、その度に費用がかかることを考えておく必要があります。

不動産価値の下落については立地条件や管理状態によってある程度防ぐ方法がありますので、あらかじめ不動産投資の好条件を知っておくことが大切です。

2.天災への備えが必要

地震大国とも言われる日本で不動産投資をする限り、天災への備えはマストです。

万が一のために、火災保険地震保険への加入が必要になるでしょう。

マンションであればRCやSRCの物件を選ぶことで、火事による全焼も避けることができます。

3.空室リスクがある

不動産投資物件を賃貸して家賃収入を得ようとした場合、借り手がいないことには毎月の生活費にローン返済の負担が増えるだけです。

積極的に空室対策についての知識をつけて、需要のある地域に絞って不動産を選ぶことがポイントです。

入居者募集に力を入れていて、高い入居率を維持している実績のある管理会社と協力しましょう。
また家賃保証(サブリース)制度を利用することでリスクを回避でき、正確な運用計画が立てられます。

不動産投資のデメリットには適切な対処を

不動産投資には無視できないデメリットがありますが、自分次第で対策が取れることも覚えておきましょう。

賃貸需要の安定している主要都市の物件を選ぶことや、入居者募集に強い賃貸管理会社をパートナーとして選ぶことでその多くは対処できます。

そしてはじめる前には可能な限り情報収集するのが大前提です。

 - 不動産投資, 金融・投資