幼児のおすすめ英語教育まとめ!メリット·デメリットを知って早い時期から英語を学ぼう

   

お子さんの習い事は決まりましたか?
子供が6ヶ月を過ぎてくると徐々に余裕ができてきて、そろそろ何か習わせたいと考えてきますよね。

両親の経験した習い事を思い出してみたりネットで調べたり、もしくはママ友·パパ友や先輩ママパパに聞いたりしてリサーチしているころではないでしょうか。

その中で必ず一度は 「幼児向けの英語教育」 を目にしていると思います。

幼児の英語教育は幼児教育の定番でもあるのですが、今また注目を集めていることを知っていますか?
文部科学省の グローバル化に対応した英語教育改革の提言により、2020年(平成32年)から小学校でも英語教育が必修となります。
それに向けて2018年には小学3年生から英語が教科になって、通信簿に点数も付くようになります。

また人間が物事を吸収して脳を発達させるのに適しているのは幼児期といわれています。
ある一定以上の年齢になると 「勉強」 になってしまうものも、幼児期においては 「遊び」 の感覚でグングンと吸収することができます。

最近だと将棋の藤井聡太四段も、「モンテッソーリ教育」というイタリアの教育法を取り入れた幼稚園に通っていて、とても高い集中力を身につけて前人未到の29連勝という新記録を樹立した、などと報道されていました。

このように幼児期の早い頃から慣れ親しんでおけることは、子供にとって大きなメリットとなります。

合わせてよみたいNHK の Eテレ すくすく子育て でも取り上げられた話題の教育方法「遊育」のお話はこちら
子供が夜寝ない原因は昼にある!ママとパパに知ってほしい睡眠ホルモンと遊育の話


そのことからも「幼児期の教育の重要性」が話題になり、「幼児期に何を学ばせたいか」も非常に注目を集める話題になっています。

本記事ではママさんパパさん向けに 「幼児の英語教育」 のメリットとデメリットの説明から、人気のある幼児英語教育をおすすめしています。

習い事は子供の向き不向きもあり長続きしないことも少なくないですが、お子さんの 「未来への投資」 です。
ただ決して安いものでもありませんので、「おすすめ幼児英語教育」を見てぜひ申し込みの参考にしてください。

今すぐおすすめ英語教育をチェック!

<!--

-->

幼児の英語教育のメリットとデメリットとは

hesokuri_20170623_001.png

幼児への英語教育にもメリットとデメリットがあると言われています。
ここでは一般的にいわれているメリットとデメリットを調べてみました。

幼児の英語教育のメリットとは

hesokuri_20170623_002.png

言語が身に付く適齢期、「臨界期」は一生のうち今しかない

人間が言語を習得するための重要な要素に 年齢 があるといわれています。
言語を習得するのに適した時期のことを 臨界期 と呼ぶ仮説があります。

色々な事例の観察結果から、個人差はあるものの母国語以外の言語の習得は 10才 くらいからは難しいといわれていて、新しい言語を覚えるためには幼児期の英語教育が向いているといわれています。

また6ヶ月ころの赤ちゃんは英語の L と R の聞き分けも自然とできるといわれています。

遊びながら自然と身につく

幼児は好奇心のかたまりです。
目につくものや耳にするもの全てが新鮮で興味をもってくれます。

このころだと「英語の勉強」ではなく「遊び」の感覚で英語を学ぶことができるので、どんどん吸収していくことができます。

英語に慣れ親しむことができる

幼児期から英語に触れることで、小·中学校で英語の授業が始まっても物怖じしないといわれています。

また基本的なアルファベットから英単語、簡単な会話ができるだけでも授業で戸惑って、ついていけないという心配もなくなります。

グローバルな視野を育むことができる

インターネットの爆発的な普及や交通網の進歩によって、いまや海外は身近な存在となりました。

アメリカやヨーロッパ、アジアなどへの海外旅行も手軽に行ける時代になり、また昨今の日本文化への関心の高まりから外国人旅行者の数も増えています。

欧米の有名企業が日本へ進出してくることももはや当たり前になったこの時代で、英語スキルは年々需要の高まりをみせています。

異なる文化で育った人の考え方を理解できる、イコール「多様性」を受け入れられることで、広い世界「グローバル」な視点を持つことができます。

そのため幼児期から英語や英語圏の文化、考え方に慣れておくことは非常に大きなアドバンテージを生みます。

さらに将来的に欧米企業や外資系企業への就職を希望したいと思った時には圧倒的に有利なスキルです。

「運転免許証を持っています。」で就職が有利になる時代があったように、これからは「英語を話せます。(理解できます。)」が明暗を分ける時代が来るかもしれません。

一部の有名な日本の企業でも社内公用語を「英語」にする取り組みが公表されるなど、英語が話せるグローバルな人材への需要は高まっています。

幼児の英語教育のデメリットとは

hesokuri_20170623_003.png

セミリンガル(ダブルリミテッド)になってしまう可能性

「セミリンガル(ダブルリミテッド)」 になってしまう可能性があるといわれています。
「セミリンガル(ダブルリミテッド)」 とは、2カ国語を話せるバイリンガルと違い、2つの言語の環境で育ちつつもその両言語の習得レベルが年齢に達していないことをいいます。

ただこのセミリンガルが起こるのは、海外移住やインターナショナルスクールのように本格的に英語だけ話す環境におかれた場合が多いようです。

ちなみに昨今はこの「セミリンガル」という呼び方は賛否あるらしく、現在はダブルリミテッドという呼び方が主流になりつつあります。

文化の違い

英語教育でよくいわれるのが文化の違いについてです。
英語能力が発達するに従って、コミュニケーションもアメリカ的になり、結果として日本のような奥ゆかしさや場の空気を察する感覚などがなくなり、いわゆる「空気の読めない子」になってしまうといわれています。

ただこの場合もセミリンガルのように極端に英語のみを話すような環境に置かれたときによく起こる現象で、日本の週2、3日程度の英語教室や、英語教材での英語教育ではまず起こらないといわれています。

おすすめの幼児英語教育

hesokuri_20170623_004.png

それではおすすめの英語教育をご紹介します。
お子さんの個性によっては向き、不向きもありますが、無料で資料請求できるものもありますのでぜひ参考にしてください。

35日間で英語が話せるスピート英語教育 七田式英語教材7+BILINGUAL (セブンプラス·バイリンガル)



おすすめポイント

幼児教育の定番 七田式の幼児英語教育
親は英語が話せなくてもOK!聞いて覚えるタイプの教材
スピーディーな学習と各種チケットが付属、サポートも充実!

幼児教育でおなじみの 世界の七田式 の幼児英語教育の英語教材 7+BILINGUAL (セブンプラス·バイリンガル)
35日間 という驚異的なスピードで子供が英語を話せるようになる 七田式教育メソッド が満載です。

0才から約12才頃までが対象で、カラフルな教材が見た目にも楽しいつくりになっています。

内容もネイティブの子供達が日常的に使っているフレーズを約700もCDに収録していて、1日7分程度聞いて声に出すだけというものです。

CDには1.5倍速と3倍速のバージョンも収録されていて、右脳を活性化させつつ効率的な学習ができます。
また七田式独自の 400%学習法 によって1日分のレッスンを4回学習することにより確実に習得することができます。

CDはストーリー形式になっていて、そのストーリーに沿った ぬり絵 が付属します。
指先(筆)も使って脳を活性化させつつさらにストーリーへの理解を深めることができます。

特典として25分×5回までのSkype英会話チケットや1年間 回数無制限のなんでも相談電話チケットが付属して追加料金無し、さらに60(90)日間の返金サポートまで付いている良心さです。

公式サイトはこちら

運営7年目を迎える老舗の子供向けオンライン英会話スクール HATCHLINK jr. (ハッチリンクジュニア)



おすすめポイント

プロの先生たちの指導!フレンドリーさで楽しく長続きできる
年齢、学年別のカリキュラムで英検対策や授業対策にも強い!
授業意外のアクティビティも豊富で日頃の成果を試して実感!

幼児から中学生までを対象にした英会話オンラインスクールのハッチリンクジュニア
2歳から15歳の中学生までのお子さんが対象です。

幼児や小学校低学年のお子さんへの指導も得意なフレンドリーな先生が教えてくれるので先生に会いたい、授業が楽しいと感じて長続きできます。

小学校高学年から中学生のお子さんには英検対策や学校の授業のへの対策といった実践的な内容を効率的に学習できます。

ABCから覚えたい初級者から帰国子女までが在籍しているところに老舗ならではのカリキュラムの充実度が伺えます。

またスピーチコンテスト、文通企画、夏の親子短期留学など、授業以外のアクティビティも用意されていています。

オンライン英会話は送り迎えがないところ、そして子供が一人で塾に通うことでの行き帰りの心配がないところがメリットでもあります。
ハッチリンクジュニアはオンラインのアプリケーションに Skype という無料の人気音声チャットアプリを採用しているので、始めるときの導入も簡単なところがまた魅力的です。

公式サイトはこちら

人気のオンライン英会話hanasoの子供向け英会話 hanaso kids (ハナソキッズ)



おすすめポイント

うれしい無料レッスンが2回も体験できてレベルチェックもバッチリ!
大人向け英会話hanasoから選抜された講師陣によるマンツーマンレッスン!
女性にやさしい安心の日本人スタッフサポートあり!

人気のオンライン英会話hanasoの子供向けオンライン英会話サービス、hanaso kids

hanasoに所属している400人以上の講師陣から、子供向けオンライン英会話に最適な講師たちを選抜されています。
対象年齢は4才からで、お子さんが楽しみながら英語を学習できるレッスンが用意されています。

授業の内容も完全マンツーマン制なので、グループレッスン制と比較しても英語を話す時間が格段に多くなります。

さらに日本人によるサポートの充実度がうれしく、レッスンに関する疑問にも的確に答えてもらえます。
Webサイトもわかりやすいつくりになっているので、女性の方や機械にあまり強くない方でも簡単に予約することができます。

またプランの価格も良心的で一番安いプランだと 2,800円から始めることが可能で、あまりレッスンを受けられなかった月があっても最高2ヶ月まで残りを繰り越せます。

お子さんのレベルチェックを兼ねた 2回の無料体験レッスンあり!

公式サイトはこちら

正しい英語の発音が自然と身につく日本で唯一のソルマーク式PRC-Method、 PEPPY KIDS CLUB (ペッピーキッズクラブ)



おすすめポイント

1才から始められる英語教室!ネイティブの先生のレッスンもあり!
英語の手遊びや歌ったり踊ったり、子供が大好きな内容盛りだくさん!
ママレッスンや授業参観、海外イベントの体験など英語を肌で感じて学べる!

やっぱり実際の教室に通って習わせたいと考えるなら 全国に1300も教室のある PRCメソッドの ペッピーキッズクラブ
1才から高校生までが対象で、1才から2才、2才から3才、4才から6才コースなど年齢に合わせて細かく分かれているのがうれしいですね。

1才から2才コースなどは歌って踊ったり、リズムにのって英語で手遊びをしたり歌をうたったり、絵本や教材を使ったり、そしてなんとママのレッスンもあります。
ママの声だからより吸収しやすい時期なので、毎日の生活に英語を取り入れて親子で楽しみながら学習していくことができます。

日本人の先生のほか、4回のうち1回はネイティブの先生とレッスンできるのでネイティブの英語にふれつつ学んだことを実践することができます。

また海外イベントやハロウィンレッスン、クリスマスレッスン、サマースクールなど外国文化を体験できる機会が盛りだくさんです。
そして1年に3回の参観日があるので、クラスの雰囲気やお子さんの様子、学習の成果なども確認することができます。

さらに担任制なのでしっかりお子さんを見てもらえるのがうれしいですね。

公式サイトはこちら

他にはないレッスンレポートと保護者専用マイページが魅力の KIDS STAR ENGLISH (キッズスター★イングリッシュ)



おすすめポイント

3才からの幼児教育!1レッスン500円とコスパが高い
日本人講師が現地講師を育成!講師陣のレベルが高い!
保護者専用のマイページあり、もしろん安心の無料体験つき!

3才以上のお子さんを対象にしたオンライン英会話の キッズスター★イングリッシュ
レッスンレポート、マイページ、外国人講師の指導力が強みの英会話サービスです。

学習が終わったあとに送ってもらえる レッスンレポート と 保護者専用のマイページ で、お子さんの学習状況や講師のコメントを確認することができます。

また外国人講師陣はフィリピンのセブ市からオンラインで授業を行いますが、経験豊富な日本人講師が現地で育成を行っているため外国人講師の指導力もレベルが高いものになっています。

無料体験も用意されているので、現地講師の指導や授業内容を直接体験できるのがうれしいポイントですね。

また神戸に専用コールセンターを用意しているので、レッスンの要望からSkypeの使い方まで日本人スタッフが対応してくれます。

1レッスンが約500円というコスパの良さがお財布にもやさしいオンラインサービスです。

公式サイトはこちら

2009年開設のメディアにも取り上げられる高品質で人気の老舗オンライン英会話 ripple kids park (リップルキッズパーク)



おすすめポイント

3才以上からのオンライン英会話、マンツーマンレッスン!
9段階のレベル診断とオリジナルも検定あり!
家族でレッスンを分け合えるシステムやレッスンへの要望も出せるなど自由度高め!

対象年齢3才から高校生までの子供オンライン英会話 リップルキッズパーク
内容もとても高品質なサービスになっています。

お子さん一人一人に合わせたマンツーマンレッスンで、レッスン後のレビューや次回のレッスン内容を教えてもらえます。
また9段階のレベル診断でお子さんにぴったりなレッスンを受けることができます。

レッスン後のレビューを読んで、保護者から「ここをもっと重点的にやってほしい」などの要望を出せるのはなかなかないですね。

「ご家族共有アカウント制度」が用意されていて、一人分の月謝でレッスンを家族で分け合うことができます。

会話だけでなく単語や基礎知識を身に付けたいお子さんのためにオリジナルの検定があったり、英検二次試験面接のデモトレーニングも用意されています。

基本プランに追加でチケット制を申し込むと、1レッスンがなんと最安で270円で受けられる計算になります。
チケットは45日間持ち越しが可能なので、忙しい月でレッスンが多く受けられなくても安心ですね。

公式サイトはこちら

さいごに

幼児向け英会話教育サービスはいかがだったでしょうか。
言語の発達は早ければ早いほど良い結果が出やすく、そのために工夫を凝らしたサービスが数多くあります。

完全に幼児向けサービスだと、子供が楽しみながら学べる内容になっています。

中学生·高校生までが対象の場合は そのままずっと継続して学べる という強みもありますね。

継続して学べるシステムだと、いざ中学·高校に上がってから突然始めるよりも「英語」や「英語の先生」にも親しんでいる分上達も違います。

サービスごとに良さがありますので、これから英会話を習わせたいと考えているママやパパはぜひ参考にしてください。

合わせてよみたい子供の睡眠ホルモンといま話題の遊育のお話
子供が夜寝ない原因は昼にある!ママとパパに知ってほしい睡眠ホルモンと遊育の話

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Facebookにいいね!して最新情報を受け取ろう!

Facebook

 - 子育ての節約術, 節約術