へそくりガイド

2019年の節約、副業、投資、お金の知識が学べる情報サイト

JTBのふるさと納税サイト「ふるぽ」

2017年度 ふるさと納税の王道返礼品まとめ

      2019/02/07

初めてのふるさと納税。とにかく「王道」が知りたい!

ふるさと納税にチャレンジしよう!
と思い立ったはいいが、

返礼品、多すぎてどれが一体お得なの??
ふるさと納税で損はしたくない!でもどう選んだら損しないのか分からない!

と、結局どんなふうに返礼品を選んだらいいか悩んでいませんか?
そこで、この記事を読めば、もう返礼品選びに迷わない!!
ふるさと納税の王道返礼品まとめ2017年版をご紹介します。

これが王道!おススメのふるさと納税返礼品2017!

【厳選三特品】北海道近海産毛ガニ 北海道八雲町

冬になると鍋が恋しくなる季節です。
そんな時にカニ鍋は贅沢感がありテンションが上がります。
そんなカニミソと身がぎっしり詰まった1尾450g前後の毛ガニが2尾頂ける返礼品です。
職人のゆで上げ後、急速冷凍し毛ガニの乾燥を防ぐために氷の膜をほどこして届けられます。
しかも寄付額は1万円と非常にコスパが良い返礼品とあって、
「さとふる」さんでも300件以上のレビューで評価4.7!
なお、北海道八雲町は2016(平成28)年度ふるさと納税受入額ランキングでも45位にランクしている自治体です。

ちなみに、「三特」とは海産物の最高ランクのこと。
ユーザー・生産者両方の評価の高い毛ガニ、ぜひ試してみては?

詳しくはこちら

佐賀牛 切り落とし1Kg 佐賀県嬉野市

なんどかへそくりガイドでもご紹介しているこちらの返礼品。
佐賀県嬉野市は2016(平成28)年度ふるさと納税受入額ランキングでも24位と好位置につけている自治体です。
18,000円の寄附で佐賀牛切り落とし(ウデ・モモ・バラのミックス)1Kgがいただけます。

佐賀牛については、

JAグループ佐賀管内肥育農家で飼育された黒毛和種で、(社)日本食肉格付協会の定める牛取引規格の最高の肉質(5段階評価)である「5」等級および「4」等級のBMS(12段階評価、さしの入り方)「No.7」以上を「佐賀牛」と呼んでいます。

とあり、品質も保証付きです!!
1つ500gのパックを2つで1キロでのお届けなので、とても使い勝手がいいことも魅力です!

詳しくはこちら

焼津・まぐろ頭肉セット 静岡県焼津市

2016(平成28)年度ふるさと納税受入額ランキングで3位の静岡県焼津市は何といっても海産物の豊富さが売りです!
ふるなびさんで大人気というこちらの返礼品は
1.38㎏のマグロの頭肉が堪能できるというもの。
まぐろ頭肉は1本の鮪より2本しか取れない希少部位とのことで、これで1万円の寄附とは非常にお得です!

詳しくはこちら

今ならミックスホルモン付き『都農町特選』宮崎和牛焼肉セット 宮崎県都農町

2016(平成28)年度ふるさと納税受入額ランキングで4位に入った宮崎県都農町の
ミックスホルモン付き『都農町特選』宮崎和牛焼肉セットです!
1万円の寄附で、宮崎和牛の『ウデ・モモ』を600gも頂けちゃうというとてもうれしいセット。

牛肉の中でもさっぱりと食べやすく、赤身率の高い部位を焼肉用にカットしました!!
ジューシー過ぎるお肉が苦手な方でもさっぱりと、それでいて高品質な宮崎和牛なので、食べ応えもバッチリ♪
量をしっかり食べたい方におすすめの部位です。

とのことで、品質も宮崎和牛でお墨付きです!!
今回は、国産牛の『ミックスホルモン』を300gがついてきます。つまり、合計900g!
家族や友人と、ちょっといい焼き肉パーティをどうぞ!

詳しくはこちら

飛騨牛・豚肉 スライスセット 計約1.5kg 岐阜県池田町

1万円の寄附で牛肉と豚肉を贅沢に1.5㎏楽しめるのが、岐阜県池田町の返礼品です。
岐阜県のブランド牛である飛騨牛がモモまたはカタで500g、国産牛がロースとバラそれぞれ500gの合計1.5㎏でのお届けです。
すき焼きしゃぶしゃぶなどで食べるのがお勧めだそうです。
また、こちらのお肉を提供している「小川ミート」さんの飛騨牛は、最上級の「A5等級」のみを使用。
肉質にこだわった美味しい飛騨牛が頂けますよ!

詳しくはこちら

【創業60年】老舗肉屋の特上ハンバーグ10個 佐賀県唐津市

最後にご紹介するのは、2016(平成28)年度ふるさと納税受入額ランキングで22位、佐賀県唐津市の返礼品。
1万円の寄附で、ハンバーグ(140g)が10個頂けるという返礼品です。
老舗のお肉屋さんである「いきや食品」さんが、佐賀県産の黒毛和牛肉と豚肉を使用して作ったハンバーグ。
一つずつ冷凍し真空パックで発送されているので、何度かに分けて食べる時にも便利。
冷凍庫にあれば、忙しくて料理ができない日でもジューシーなハンバーグを頂けます。
さとふるさんで300人近くの方がレビューをし、その評価も4.7と申し分なしです。

詳しくはこちら

ふるさと納税返礼品 2017最新版自治体寄付額ランキング!どの自治体が選ばれている?

次に、みんなどこの自治体に寄付しているのか?を見ていきます。

返礼品の人気、自治体寄附額の人気が集まるのには理由があります。
その理由の多くは「お得だから」!

では早速、総務省ホームページ で公開されている
「各自治体のふるさと納税受入額及び受入件数」からまとめたふるさと納税受入額ランキングを発表します!

2016(平成28)年度 自治体別ふるさと納税受入額ランキング
1位 宮崎県都城市 7,333,161(千円) 受入件数528,242件
2位 長野県伊那市 7,204,693(千円) 受入件数59,084件
3位 静岡県焼津市 5,121,281(千円) 受入件数231,244件
4位 宮崎県都農町 5,008,694(千円) 受入件数257,268件
5位 佐賀県上峰町 4,573,292(千円) 受入件数272,265件

1位の宮崎県都城市では73億円以上をふるさと納税として寄附受入を行ったということになります。
2016年度の全国での寄付総額が約2,844億円、1,700以上の自治体がある中で都城市は約2.6%のシェアを占めています
いかに都城市の寄附額が高いかがわかっていただけるのではないでしょうか?

このランキングで、2位の長野県伊那市の受入件数が非常に低いのに気が付かれた方もいるのでは?
実は長野県伊那市は家電メーカーなどの製造工場がある自治体だったことから、
家電製品の返礼品を豊富にそろえていた自治体。
しかし2017年4月に総務省が「資産性の高いもの」として
家電製品や電子機器を返礼品にすることを控えるよう通知を出しました。
そこで伊那市では現在電子機器や家電製品を返礼品とすることをやめています。
2017年のふるさと納税受入実績はかなり減るのではないかと言われています。

まとめ

2017年最新版のふるさと納税王道返礼品まとめとして6つの返礼品をご紹介しました。
どの返礼品もコスパの良いものばかりです。
迷ったらまずはこれ!です。ぜひお試しください。

返礼品は決めたけど、ふるさと納税をどうやって手続きしたらいいのか?とお困りの方はこちら!

ふるさと納税をもっと知りたいという方は、こちらもどうぞ!

また、今回ご紹介した「さとふる」さんと「ふるなび」さんはこちらから!

さとふる 公式サイトはこちら

ふるなび 公式サイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

さとふる 

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

ピックアップ

認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト(2017年6月調査)
掲載自治体すべてがクレジットカード対応可能!
キャンペーンが充実。一定額以上の寄附やレビューの投稿でギフト券などが抽選で当たる!

公式サイトはこちら

Facebookにいいね!して最新情報を受け取ろう!

Facebook

 - ふるさと納税, 節税