へそくりガイド

節約、副業、投資、お金の知識が学べる情報サイト



CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

NFTの活用事例

   

コインチェック

話題のNFTが買える!

● 取扱銘柄数が国内No.1!

● 500円からBTCが買える!

● NFTが買える!売れる!

>> 公式サイトはこちら

最近話題のNFT(非代替性トークン)ですが、どのような活用事例があるのでしょうか。
主なものとしては、次の3点になります。

  1. ゲーム
  2. アート
  3. 証明書

ゲーム内のアイテムやキャラを持ち出せる

世界的人気コンテンツである「ポケットモンスター」は、最初からメジャーだったわけではありません。
ヒットした理由はいくつかありますが、一つは「ポケモンを交換できる」ことです。

また、過去に入手したポケモンを、新作に持ち込んで戦わせることも可能となっています。

ただ、これができるのはあくまでも「ポケモン」というタイトルの中だけの話です。
別タイトルにポケモンを持ち出して、一緒に冒険をするような真似はできません。

こうしたゲーム内のキャラをNFT化することで、外部への持ち出しが可能になります。
あるゲームで一緒に苦楽を共にしたキャラを、別のゲームでも使うことがきるのです。

また、育てたキャラの性能が高ければ、マーケットプレイスで販売することも可能です。
キャラクターだけでなく、ゲーム内アイテムも販売できるようになります。

あるゲームで鍛えたカスタム武器を、他のゲームに持ち出して使えます。
武器の性能が高ければ、高い価格で売ることも可能です。

例としては、ネコを育てるゲーム「クリプトキティーズ」が挙げられます。

イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上の分散型アプリケーション(dApps)のひとつです。
育てたネコを、NFTとしてマーケットプレイスで販売可能になっています。

中には、数千万円で落札されたネコもおり、ちょっとしたニュースになりました。
ゲームを金銭につなげるという新しい遊び方を、NFTが提示していると言えるかもしれませんね。

デジタルアートを「本物」だと証明できる

デジタルアートの問題点のひとつは、複製が極めて簡単なことです。

ダウンロードしてコピー&ペーストすれば、全く同じものが無限にできてしまいます。
このため、実際には著作権者がいても、本物だと証明することが難しくなっているのです。

実際に、他人の作品を自作だと偽ってネットにアップし、問題になったこともあります。
これではデジタルアートの価値が上がらず、利益化も難しいですよね。

この問題の解決策のひとつが、デジタルアートをNFT化することです。
NFT化することで、ブロックチェーンによる「本物」の証明が得られます。

ブロックチェーンには改竄が極めて難しいという特徴があり、証明の信憑性は高くなります。
これによって、デジタルアートの金銭的価値は、急上昇しています。

NFT市場では、NFTアートが極めて高価格で落札されるケースが出てきています。
アートではありませんが、著名人のデジタルデータがNFT化されるケースもあります。

有名なのは、ツイッター創始者のジャック・ドーシー氏の最初のツイートです。
このツイートがNFT化され、約290万ドルで落札されたのは記憶に新しいところです。

デジタルアートやそれに類するものについての価値を高めているのが、NFTなのです。

改竄不可能な証明書を作成できる

紙の証明書の偽造が問題になるケースは、決して珍しいことではありません。
最近ではサッカー選手が偽造パスポートを使用し、大問題になったケースがあります。

また、ブランド品についても、偽造品が多数確認されています。
中には本物であることを証明する書類まで偽造しているケースもあるのです。

こうした偽造を防ぐため、NFT技術が活用されています。
代表的なものとしては、シューズメーカーのナイキです。

同社のシューズの所有者を対象としたNFTを作成し、ブロックチェーンに所有権の証明書を記録。
偽造品ではなく、本物のナイキのシューズを持っていることが証明されます。

クリプトモール

また、ショッピングモールサイトのクリプトモールは、NFTを活用して本物の証明を行います。

ネット通販の最大のデメリットは、実際に商品を手にとって確認できないことです。
大手であっても、偽造品を掴まされたという報告が見られます。

こうした問題点を解決するために、クリプトモールはNFTを活用した鑑定証明システムを導入しました。
ブロックチェーンに流通過程を記載することで、偽造品が紛れ込むのを防止する仕組みです。

これによって売り手は偽造品による損失を防げますし、消費者は確実に本物を入手できます。
また偽造品を購入したお金が、反社会的勢力に流れるのを防げるメリットもあるのです。

ゲームやアートに次いで、今後重要性が注目されてくるでしょう。

まとめ−今後はゲームやアート以外の分野でも注目を

NFTの活用事例としては、ゲームやアートが多くなっているのが現状です。
ただ、証明書のように、活用例が多くなくてもNFTの活用が重要な分野は存在しています。

今後の展開を注目していきましょう。

最近話題のNFT(非代替性トークン)ですが、どのような活用事例があるのでしょうか。
主なものとしては、次の3点になります。

  1. ゲーム
  2. アート
  3. 証明書

ゲーム内のアイテムやキャラを持ち出せる

世界的人気コンテンツである「ポケットモンスター」は、最初からメジャーだったわけではありません。
ヒットした理由はいくつかありますが、一つは「ポケモンを交換できる」ことです。

また、過去に入手したポケモンを、新作に持ち込んで戦わせることも可能となっています。

ただ、これができるのはあくまでも「ポケモン」というタイトルの中だけの話です。
別タイトルにポケモンを持ち出して、一緒に冒険をするような真似はできません。

こうしたゲーム内のキャラをNFT化することで、外部への持ち出しが可能になります。
あるゲームで一緒に苦楽を共にしたキャラを、別のゲームでも使うことがきるのです。

また、育てたキャラの性能が高ければ、マーケットプレイスで販売することも可能です。
キャラクターだけでなく、ゲーム内アイテムも販売できるようになります。

あるゲームで鍛えたカスタム武器を、他のゲームに持ち出して使えます。
武器の性能が高ければ、高い価格で売ることも可能です。

例としては、ネコを育てるゲーム「クリプトキティーズ」が挙げられます。

イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上の分散型アプリケーション(dApps)のひとつです。
育てたネコを、NFTとしてマーケットプレイスで販売可能になっています。

中には、数千万円で落札されたネコもおり、ちょっとしたニュースになりました。
ゲームを金銭につなげるという新しい遊び方を、NFTが提示していると言えるかもしれませんね。

デジタルアートを「本物」だと証明できる

デジタルアートの問題点のひとつは、複製が極めて簡単なことです。

ダウンロードしてコピー&ペーストすれば、全く同じものが無限にできてしまいます。
このため、実際には著作権者がいても、本物だと証明することが難しくなっているのです。

実際に、他人の作品を自作だと偽ってネットにアップし、問題になったこともあります。
これではデジタルアートの価値が上がらず、利益化も難しいですよね。

この問題の解決策のひとつが、デジタルアートをNFT化することです。
NFT化することで、ブロックチェーンによる「本物」の証明が得られます。

ブロックチェーンには改竄が極めて難しいという特徴があり、証明の信憑性は高くなります。
これによって、デジタルアートの金銭的価値は、急上昇しています。

NFT市場では、NFTアートが極めて高価格で落札されるケースが出てきています。
アートではありませんが、著名人のデジタルデータがNFT化されるケースもあります。

有名なのは、ツイッター創始者のジャック・ドーシー氏の最初のツイートです。
このツイートがNFT化され、約290万ドルで落札されたのは記憶に新しいところです。

デジタルアートやそれに類するものについての価値を高めているのが、NFTなのです。

改竄不可能な証明書を作成できる

紙の証明書の偽造が問題になるケースは、決して珍しいことではありません。
最近ではサッカー選手が偽造パスポートを使用し、大問題になったケースがあります。

また、ブランド品についても、偽造品が多数確認されています。
中には本物であることを証明する書類まで偽造しているケースもあるのです。

こうした偽造を防ぐため、NFT技術が活用されています。
代表的なものとしては、シューズメーカーのナイキです。

同社のシューズの所有者を対象としたNFTを作成し、ブロックチェーンに所有権の証明書を記録します。
偽造品ではなく、本物のナイキのシューズを持っていることが証明されるわけです。

クリプトモール

また、ショッピングモールサイトのクリプトモールは、NFTを活用して本物の証明を行います。

ネット通販の最大のデメリットは、実際に商品を手にとって確認できないことです。
大手であっても、偽造品を掴まされたという報告が見られます。

こうした問題点を解決するために、クリプトモールはNFTを活用した鑑定証明システムを導入しました。
ブロックチェーンに流通過程を記載することで、偽造品が紛れ込むのを防止します。

これによって売り手は偽造品による損失を防げますし、消費者は確実に本物を入手できます。
また偽造品を購入したお金が、反社会的勢力に流れるのを防げるメリットもあるのです。

ゲームやアートに次いで、今後重要性が注目されてくるでしょう。

まとめ−今後はゲームやアート以外の分野でも注目を

NFTの活用事例としては、ゲームやアートが多くなっているのが現状です。
ただ、証明書のように、活用例が多くなくてもNFTの活用が重要な分野は存在しています。

今後の展開を注目していきましょう。

NFTが買える国内取引所

Coincheck(コインチェック) 

おすすめポイント
  • 暗号資産取り扱い数国内No.1!
  • 取引手数料が無料!
  • 話題のNFTが買える!Coincheck NFT開始!

公式サイトはこちら

 - NFT